This discussion is locked

「エキスパートに質問」LAN, スイッチング について

Unanswered Question
Nov 4th, 2011

シスコの技術サポートエンジニアへ質問して疑問を解決できる「エキスパートに質問」へようこそ!

ここでは、シスコのエキスパートからのアドバイスや最新の情報が得られる場として気軽に質問してみてください。

担当エキスパート:「中島 康裕 (ナカジマ ヤスヒロ)」

ディスカッション開催期間:2011年11月7日~2011年11月20日

「中島 康裕」は、Cisco Japan TAC のカスタマーサポートエンジニアとして、LANスイッチ製品、ルータ製品のサポートを行ってきました。

現在は主に、LANスイッチ製品のサポート業務をおこなっております。



[質問の投稿方法]

サポートコミュニティへCisco.comIDでログインすると、この説明の右下に「返信」ボタンが表示されます。クリックすると投稿欄が表示されますので、質問をご記入ください。最後に「メッセージの投稿」をクリックすると質問が送信され、完了となります。

もし1つの質疑応答が進行していても、他の新しい質問を同じスレッド内に投稿いただいて問題ありません。
この「エキスパートに質問」のディスカッションスレッドに届いた質問は担当のTACエキスパートが回答しますがすべての質問に返信できないかもしれません。
返信が得られずに開催期間が終了して残ってしまった質問については、サポートコミュニティ事務局が通常のディスカッション フォーラムへ再掲載し、有用な情報の展開へとつなげていきます。

エキスパートから返信が得られた質問については、評価機能でその回答が適切であったかをエキスパートへぜひ伝えてください。

あなたからの質問だけでなく、他コミュニティのメンバーから寄せられた質問の展開を確認するためにも、ぜひこのフォーラムへ再度訪問されることをお待ちしております!

I have this problem too.
0 votes
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Average Rating: 5 (2 ratings)
t-shika Mon, 11/07/2011 - 01:34

Catalyst4500,4948シリーズでのEtherchannelの負荷分散結果を確認するコマンドを

教えてください。

show platform software etherchannel port-channel 1 map ip 1.1.1.10 1.1.1.1

show platform software etherchannel port-channel 1 map ip 1.1.1.11 1.1.1.2

例えば上記で確認すると全て同じHash値,同一portで表示されます。

yanakaji Mon, 11/07/2011 - 23:37

こんにちは。

お問い合わせ頂いたコマンドが正しく機能しないというS/W不具合が以下のDDTSで報告されております。

CSCtf75400

wrong output in "show platform software etherchannel port-channel x map"

大変申し訳御座いませんが、CSCtf75400はまだ解析中のステータスですので、修正バージョンのリリース予定等はまだ未定となっております。

修正バージョンがリリースされるまでは、パケットキャプチャ等を行い確認する他はないと思います。

CSCtf75400の解析情報等の進捗に関しましては、Bugtool kitでTrack頂くか、TACにSRをオープン頂お問い合わせ下さいます様、宜しくお願い致します。

t-shika Tue, 11/08/2011 - 00:13

回答有難うございました

show platform software etherchannel port xxは使用不可

別確認コマンド無しの旨了承です。

hidyano Sun, 11/13/2011 - 18:30

こんにちは。

質問②に関しましては、セキュリティに関するご質問のようですので、私より回答させて頂きます。

Radius の NAS-port の割り当てでございますが、

50000+(ポート番号)で割り当てる実装になっております。

以上、よろしくお願いします。

t-shika Mon, 11/07/2011 - 03:06

if-indexとRadius NAS-portについて

質問①

if-indexですがline speedが違うinterfaceで100番ずつ増やしてアサインする

仕様でしょうか?

FastEthernet0/1: Ifindex = 10001

GigabitEthernet0/1: Ifindex = 10101

TenGigabitEthernet0/1: Ifindex = 10201

質問②

802.1x認証を各interfaceで動作した場合のRadius NAS-portの割り当て

は、同じになると仕様で認識あっていますでしょうか?

FastEthernet0/1: Ifindex = 10001     ---->50001

GigabitEthernet0/1: Ifindex = 10101     ---->50001

TenGigabitEthernet0/1: Ifindex = 10201 ---->50001

*Mar  1 00:07:34.234: %LINK-3-UPDOWN: Interface FastEthernet0/1, changed state to up

*Mar  1 00:07:43.168: RADIUS:  NAS-Port            [5]   6   50001

yanakaji Mon, 11/07/2011 - 23:41

こんにちは。

質問1に関してですが、ifmibのifindexに関するお問い合わせという認識でよいでしょうか。

また、これはどの機器に関するお問い合わせでしょうか。

宜しくお願い致します。



t-shika Tue, 11/08/2011 - 00:38

こんにちは

質問1ですが物理インターフェース ifIndex10000-14500の範囲を割り当てる現行Box型スイッチを対象にしています。

show snmp mib ifmib ifindex、snmp getなどでif-indexは確認出来るのですが

if-index割り当て方法が質問に記載した内容で認識があっているかが知りたいです。

できましたらstack機能がサポートされている機器の場合も教えてください。

例) 

stack slot No.1

GigabitEthertnet 1/0/1 ifIndex=10101

TenGigabitEthertnet 1/0/1 ifIndex=10201

stack slot No.2

GigabitEthertnet 2/0/1 ifIndex=10601  ------slot No.2に変更後 500加算?

TenGigabitEthertnet 2/0/1 ifIndex=10701

yanakaji Tue, 11/08/2011 - 02:24

こんにちは。

質問1に関してですが、ご認識頂いている割り当てルールでifindexが決定されています。

Stackの場合、Switch番号が1増える毎に500が加算されます。

現在はこの様なルールで決定されておりますが、今後もずっとこの限りではない可能性が御座いますので、

show snmp mib ifmib ifindex等で実際にどの様なifindexが割り当てられているのかという事もご確認頂いた方がよいと思います。

宜しくお願い致します。

horibasi0761 Thu, 11/10/2011 - 20:48

中島様

質問2についてありがとうございます。
しかしながら、「reditribute-static」で実施すると、
Csctg27206に該当するのではないかと懸念しています。

>>2台のスタック構成でマスター起動後にメンバーを起動してスタック構成とした場合、
>>マスターのCPU負荷が同時に起動させた場合と明らかにCPU負荷が高い状態となります。

>こちらは、マスタはそのままでメンバスイッチの再起動をかけた際に、
>メンバスイッチがスタックに参加する際の一時的なCPU使用率が、
>スタック全体の再起動をかけた際の起動直後の一時的なCPU使用率よりも高い、という事でしょうか。

起動直後ではありません。また、一時的でもありません。
2台のスタック構成でマスター起動完了後(Routingできている状態)にメンバーを起動してスタック構成とした場合
このときに、show process cpuで確認すると、IP-INPUTが明らかに高負荷となっています。
CPU処理になっていると申し上げた理由は、VLAN-I/Fに[permit any]のACLをセットしておき、
CPU処理のshow access-listsのカウンター上昇のレベルと、
ASIC処理のshow access-list hardware countersの上昇のレベルが
2台同時に起動しpriorityで優劣が決まりMaster、Memberが選出されたときと比較して明らかに違っており
CPU処理になってしまっていると見極めています。
2台同時に起動し、priorityで優劣が決まりMaster、Memberが選出されたときには、
IP-INPUTの上昇はまったく見られません。


>>また、2台スタック状態でマスターの再起動後にメンバーで復帰した状態後もCPU負荷が高くなって、
>>Config変更した際など、Config変更の負荷と相俟って高負荷となりメンバー側を通過するパケットがロスしてしまいます。

>こちらは、元マスタがメンバとしてスタックに参加した直後に、CPU使用率が一時的に高くなり、
>この状態でコンフィグの変更を行うと、メンバスイッチのポートをIngress/Egressとしているトラフィックにがロストするという事でしょうか。
>上記で相違ない場合、コンフィグの変更とは具体的にどの様な変更でしょうか。
>また、ロストするパケットとはどの様なパケットなのでしょうか。
>スイッチがH/W転送を行っているパケットでしょうか、
>それともスイッチ宛てのパケット等、スイッチ自身が処理する様なパケットでしょうか。
>またロストする割合ですが、一部なのでしょうか、それとも全てなのでしょうか。

スタック参加直後ではありません。
相違するVLAN以下のPC間で500ms間隔のpingを実施した状態で、
「conf t」→「exit」と投入し、設定変更しなくても、Pingを8秒程度ロスします。
このときには、ConfigをSyncしているためCPU処理は一時的に高くなるのは仕様であると
認識していますが、上記Pingを8秒間ほどロスする状態までCPUを逼迫させるようになります。
この状態を収束させるには、今のところMasterとMemberの同時再起動しか方法が見当たりません。

このような事象はVer15.0(1)SEにはまったく見られませんので、IOSの問題でしょうか。

yanakaji Thu, 11/10/2011 - 21:59

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

質問2に関して

Csctg27206は、複雑なスクリプトを実行している際中の、弊社の試験環境でのみ現象が確認された不具合報告であり、発生契機も、上記の特殊な環境でRIP protocolの削除/再設定を行なった後にインターフェースがフラップするという、非常にまれなものです。

従って、Csctg27206がユーザ様環境で発生したという報告例は、今の所ございません。

Csctg27206で報告されている現象を意図的に再現しようと、日本のTAC LABでも試験が試みられた事がありますが、その際も再現できませんでした。

上記のような観点から、Csctg27206は極めて発生頻度の少ない不具合になるかと存じます。

どうしてもCsctg27206に対する対策をという事であれば、Csctg27206は既に修正されておりますので、修正バージョンのご使用をご検討頂く事も可能です。

質問1に関して

12.2(58)SEと15.0(1)SEは構造がかなり異なるS/Wです。

同じ状況で同じ試験を行い12.2(58)SEと15.0(1)SEで動作が異なっているという事であれば、S/Wの差異に起因する動作の違いであると考えます。

12.2(58)SEトレインに今後も新しいIOSのリリース予定があれば、12.2(58)SEの動作を15.0(1)SEに近づけるという事は可能かもしれませんが、12.2(58)SEは今後新しいIOSのリリース予定がございません。

まことに申し訳御座いませんが、15.0(1)SEをご使用頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

yanakaji Thu, 11/10/2011 - 22:40

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

質問1に関してですが、以下のS/W不具合に該当する可能性が高いと思います。

CSCto68072

3750x, 3750v2 traffic drops after stack failover

スタックに参加するスイッチの再起動や、新規スイッチを追加した際に、High CPUを伴い、トラフィックのロスが確認されるという不具合です。

ご質問頂きました状況に極めて近いかと思います。

15.0(1)SEの他に12.2(58)SE2でも修正されておりますので、12.2(58)SE2で発生しないという事であれば、上記に該当すると思います。

宜しくお願い致します。

horibasi0761 Thu, 11/10/2011 - 22:34

中島様

 ご回答ありがとうございます。

 

 質問1について

  12.2(58)SE1に対し、BUG-IDはございませんでしょうか。

  ごめんなさい。追加で申し訳ありませんが、1時間に1回、[crypto sw pk pro]のプロセスが80%まで上昇しています。

  SSH機能を使用しないため、このプロセスの上昇を停止させたいのですが、

  「no crypto key generate rsa」で停止させればよいのか、「crypto key zeroize rsa」を用いるべきなのか

  どちらが良いものなのでしょうか。

yanakaji Thu, 11/10/2011 - 23:09

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

Crypto imageをご使用頂いている場合、1時間毎にRSA keyを生成する際、CPU使用率が一時的に高くなる場合があります。
"crypto key zeroize rsa"でご対応下さい。

宜しくお願い致します。

horibasi0761 Fri, 11/11/2011 - 00:21

中島様

ありがとうございました。

horibasi0761 Mon, 11/14/2011 - 00:40

中島様

 マルチキャストについてご教授ください。

1、機種:Cat3750-X-48TS-L

  IOS:12.2(58)SE2、15.0(1)SE

 

 2台スタック状態でマスターが再起動後にメンバーで復帰した時や、スタックマスターが起動完了後にスタックメンバーを

 起動した際に、マルチキャストが、PIM設定を行っていないVLANに流れてしまう事象、PIMを削除したVLANに対しても流れ続

 ける事象、また、PIMを追加したVLANに流れないなど、問題が発生しています。

 2台同時起動の場合は問題が発生していません。

   使用機能は、複数のVRF,経路にetherchannelを使用して,2960Sと接続しています。

 OSに起因する問題でしょうか。既知のBUGなどございませんでしょうか。 

yanakaji Mon, 11/14/2011 - 01:42

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

12.2(55)SE4での動作はどうでしょうか。

12.2(55)SE4では発生しないという事であれば、以下のS/W不具合に該当していると思います。

CSCtj83964

multicast with "pim ssm mode"broken after reload

宜しくお願い致します。

horibasi0761 Mon, 11/14/2011 - 01:57

中島様

 

 ありがとうございます。

 

 CSCtj83964は、既知のBUGとして認識しており、SSMを使用しておらず、

 「 ip pim sparse-dense-mode」と設定していますが、該当しますでしょうか。

設定例:

ip multicast-routing vrf 111 distributed

ip multicast-routing vrf 222 distributed

!

ip pim vrf 111 rp-address 1.2.3.4 override

no ip pim vrf 111 autorp

!

interface Vlan123

ip vrf forwarding 111

ip address 1.2.4.5 255.255.255.0

ip pim sparse-dense-mode

よろしくおねがいします。

yanakaji Mon, 11/14/2011 - 16:43

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

CSCtj83964は、モードにかかわらず発生する可能性があります。

12.2(55)SE4での動作をご確認下さい。

宜しくお願い致します。

horibasi0761 Mon, 11/14/2011 - 17:49

中島様

 ありがとうございます。

  CSCtj83964について、15.0(1)SEでは修正されている事となっておりますが、

  本事象が発生しております。

  本件、CSCtt19547のほうが該当するかもしれないと考えています。

  また、CiscoTAC様の環境で事象が再現できていると聞きましたので、

  今後、CiscoTACの担当様に聞いてみます。

  ありがとうございました。

yanakaji Mon, 11/14/2011 - 17:55

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

現在の所、CSCtj83964の修正が適用されたS/Wは12.2(55)SE4のみです。

従って、CSCtj83964は15.0(1)SEでは修正されていません。

上記の様な経緯があるので、12.2(55)SE4の動作確認を提案させて頂いております。

12.2(55)SE4での動作をご確認下さい。

宜しくお願い致します。

horibasi0761 Mon, 11/14/2011 - 18:15

中島様

 ありがとうございます。

 12.2(55)SE4では、再現性が無い事を確認できました。

 

 BUGナビでは以下の記述になっていましたが、

-------------------------------------------

The multicast cannot be transfered to the right port after reload.
Conditions:
PIM SSM
Workaround:
clear ip mroute *
or
re-config pim ssm
Status 
Fixed
(Verified)
Severity 
2 - severe

Last Modified 
In Last month

Product 
Cisco IOS software

Technology 


1st Found-In 
12.2(55)SE
Known Affected Versions


Fixed-In 
12.2(55)SE4
15.0(1)SE

Component(s) 
ip-multicast-routi

-----------------------------------------------

「Fixed-In  」に記載されているのは、間違っていると理解してよろしいのでしょうか。

yanakaji Mon, 11/14/2011 - 18:25

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

実際のコードを確認してみた所、は15.0(1)SEはCSCtj83964の修正を持っておりました。

大変失礼致しました。

宜しくお願い致します。

horibasi0761 Mon, 11/14/2011 - 18:36

中島様

 ありがとうございます。

 12.2(55)SE4では、再現しない事が確認できていますが、

 設定内容、構成からCSCtt19547の可能性のほうが強いと思われますので、

 継続してTAC様ご担当に聞いてみます。

 ありがとうございました。

yuzakoichi Tue, 11/15/2011 - 04:28

Catalyst4506のIP base image で利用できるIP SLAについて教えてください。

以下の機能はIP base imageで利用できますでしょうか?

imageはcat4500e-ipbasek9-mz.122-54.SG.bin

・Analyzing IP Service Levels by Using the ICMP Echo Operation

・Analyzing IP Service Levels by Using the UDP Jitter Operation 

・Configuring the IP SLAs Responder

・Monitoring IP SLAs Operations

よろしくお願いいたします。

t-shika Tue, 11/15/2011 - 18:42

中島様 お忙しい中すいませんが再度質問させてください

Cat3750などでinterface  VLAN xxのmac-addressは

Base ethernet MAC Addressから作成されますが

例) *macは適当な値です

Base ethernet MAC Address       : 0A:AA:AA:03:A0:80

vlan1         MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C0

vlan 100追加 ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C1

vlan 2 追加  ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C2

config保存、reload後

Base ethernet MAC Address       : 0A:AA:AA:03:A0:80

vlan1         MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C0

vlan 2   ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C1

vlan 100 ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C2

Vlan No.順にmac-addressが整理され変更される。

動作を説明するドキュメントが見つかりません。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps700/products_tech_note09186a00801c9b4e.shtml#fixed

上記 URL以外で仕様説明しているドキュメントを教えてください。

また再起動後interface vlanのmac-addressを変更しないように管理する設定が

ありましたら教えてください。

yanakaji Wed, 11/16/2011 - 01:08

t-shika様

こんにちは。

お問い合わせ頂きました動作を説明しているドキュメントは、CCO上では確認できませんでした。

Mac Addressのアサインのされ方は、システムが起動する際に、コンフィグが読み込まれる順番に依存しています。

お問い合わせ頂いた際の表示を例にとって説明させて頂くと、VLAN100を追加した後にVLAN2を追加すると以下の様なアサインとなりますが、

vlan 100追加 ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C1

vlan 2 追加  ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C2

機器の再起動をかけた場合、コンフィグ上、VLAN2はVLAN100よりも先に記述されているため、VLAN2はVLAN100より先に読み込まれ、従って、先にMac Addressがアサインされ、以下の様に変更されます。

vlan 2   ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C1

vlan 100 ⇒MAC Address :0A:AA:AA:A0:03:A0:C2

上記がMac Addressが変更される動作の説明となりますが、3750等では、あるSVIに固定的に特定のMac Addressを設定する事ができません。

運用上の手段で実現するとすれば、SVIを追加や削除した場合には、必ず機器の再起動をかけるという運用を行って頂けば、2度目の再起動以降は必ず同じMac Addressを使用させる事ができると思います。

宜しくお願い致します。

t-shika Wed, 11/16/2011 - 02:11

中島様

早急なご回答有難うございました。

y.hoshino Tue, 11/08/2011 - 22:58

中島様、お世話になります。

機種名                  :WS-C3750X-24T-S

IOS Version        :12.2(58)SE1

稼働中にaccess-listを追加し、end-endの接続が可能となりましたが、

sh ip access-listでmatchがカウントされません。

known のbugはございませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

yanakaji Wed, 11/09/2011 - 01:18

y.hoshino様、こんにちは。

"show ip access-lists"コマンドでは、H/Wで転送されているトラフィックに関しては、matchでカウントされません。

matchでカウントされるのは、スイッチのCPU宛て等、S/Wで転送された分のみとなります。

通常、WS-C3750X-24T-Sは殆どのトラフィックをH/Wで転送しておりますので、カウントされない事が普通であり、不具合では御座いません。

宜しくお願い致します。

yu.yoshida Wed, 11/09/2011 - 17:16

こんにちは。

CiscoのAS53xxやPVDM2-xxDMがEoSになりますが、

要件でリモートアクセスをすることがあります。

EoS後はなにか代替の製品はございますか。

または、妙案があればご教授願います。

宜しくお願い致します。

CiscoJapanModerator Wed, 11/09/2011 - 18:07

yu.yoshida 様、

いつもサポートコミュニティをご利用いただきありがとうございます。

投稿いただきましたご質問は、担当エキスパート対応外の質問と

なりますので、コミュニティ事務局より回答いたします。

認定パートナー様からの製品の後継機種のお問い合わせやご案内は

Japan Partner Online Support(JPOS)で承っております。

http://www.cisco.com/web/JP/reseller/program/jpos/index.html

もしくは、御社担当のシスコ営業担当者までお問い合わせいただけますよう

どうぞよろしくお願いいたします。

サポートコミュニティ事務局

horibasi0761 Thu, 11/10/2011 - 16:58

中島様 お世話になります。数点教えていただけますでしょうか。

1、機種:Cat3750-X-48TS-L

  IOS:12.2(58)SE1

 

 2台のスタック構成でマスター起動後にメンバーを起動してスタック構成とした場合、

 マスターのCPU負荷が同時に起動させた場合と明らかにCPU負荷が高い状態となります。

 また、2台スタック状態でマスターの再起動後にメンバーで復帰した状態後もCPU負荷が高くなって、

 Config変更した際など、Config変更の負荷と相俟って高負荷となりメンバー側を通過するパケットがロスしてしまいます。

 メンバー側の処理がいかにもマスタのCPUを使用しているように見えますが、これは仕様なのでしょうか。

 OSの問題でしょうか。

 

2、機種:Cat6506E VSS

  IOS:12.2(33)SXI6

 VSS構成でRIPにて0.0.0.0を「default-infomation-originate」で再配信していますが、Switchoverした際に、

 0.0.0.0のみ配信できなくなってしまいます。 「redistribute-static」では問題ありません。

 既知のOSの不具合とかございませんでしょうか。



  

 

 

yanakaji Thu, 11/10/2011 - 17:34

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

質問2に関しては、以下のS/W不具合に該当していると思います。

CSCtu13393

RIP does not send default route during switchover on VSS

CSCtu13393はつい最近登録されたばかりのS/W不具合であり、現在も解析中のステータスです。

従いまして、誠に申し訳御座いませんが、修正方法や修正バージョンのリリース時期に関しましては、現在のところ未定となっております。

現時点では、"redistribute-static"で問題が発生したという報告はございませんので、修正バージョンがリリースされるまでは、

"redistribute-static"が対応方法となるかと思います。

CSCtu13393の解析情報等の進捗に関しましては、Bugtool kitでTrack頂くか、TACにSRをオープン頂お問い合わせ下さいます様、宜しくお願い致します。

yanakaji Thu, 11/10/2011 - 18:07

Shigeaki Horiba様

こんにちは。

質問1に関しまして、もう少し詳しく教えて下さい。

>2台のスタック構成でマスター起動後にメンバーを起動してスタック構成とした場合、

>マスターのCPU負荷が同時に起動させた場合と明らかにCPU負荷が高い状態となります。

こちらは、マスタはそのままでメンバスイッチの再起動をかけた際に、メンバスイッチがスタックに参加する際の一時的なCPU使用率が、スタック全体の再起動をかけた際の起動直後の一時的なCPU使用率よりも高い、という事でしょうか。

>また、2台スタック状態でマスターの再起動後にメンバーで復帰した状態後もCPU負荷が高くなって、

>Config変更した際など、Config変更の負荷と相俟って高負荷となりメンバー側を通過するパケットがロスしてしまいます。

こちらは、元マスタがメンバとしてスタックに参加した直後に、CPU使用率が一時的に高くなり、この状態でコンフィグの変更を行うと、メンバスイッチのポートをIngress/Egressとしているトラフィックにがロストするという事でしょうか。

上記で相違ない場合、コンフィグの変更とは具体的にどの様な変更でしょうか。

また、ロストするパケットとはどの様なパケットなのでしょうか。

スイッチがH/W転送を行っているパケットでしょうか、それともスイッチ宛てのパケット等、スイッチ自身が処理する様なパケットでしょうか。

またロストする割合ですが、一部なのでしょうか、それとも全てなのでしょうか。

宜しくお願い致します。

torukimura Thu, 11/10/2011 - 17:49

Nexus 5548の電源仕様について教えてください。

電源冗長化構成で電源を供給する場合、両方の電源系統から
50%、50%の電力を供給しているのでしょうか。
それとも7割/3割といった偏りがあるのでしょうか。

Catalyst6500などでは片方に電源供給が寄る(電源を冗長化しても
7~8割が1系の電源ユニットから供給される)ため
ラックへの供給電源のために知りたいと思っています。

tmasumi Fri, 11/11/2011 - 05:18

torukimura 様

こんにちは、

Nexus5548 において、冗長された Power Supply の負荷分散についてですが、

機器の設計上、1:2  ほどの偏りが発生する可能性があります。

Power Supply の負荷は、以下のコマンドで確認することが可能です。

Nexus5548UP-2# show environment power input

Power Supply Input:

----------------------------------------------------------

PS  Voltage    Current    Power      Status

    (Volt)     (Amp)      (Watt)          

----------------------------------------------------------

1   199.00     1.08       214.55     ok                 

2   199.00     1.11       220.77     ok                 

----------------------------------------------------------

                   Total: 435.31   

Power Supply の故障時は、当然、ひとつの電源で機器をまかなう必要があるため、
余裕をもったラックの電源設計を行なって頂ければと思います。

よろしくおねがいします。

torukimura Sun, 11/13/2011 - 16:45

早々のご回答誠にありがとうございます。

偏りの発生しやすい状況やPS1、PS2どちらの電源に偏る可能性が高いかについて、

わかるようでしたら、ご教授いただきたいです。

tmasumi Mon, 11/14/2011 - 01:11

torukimura 様

負荷の偏りについては、PS の個体差に依存しますので、PS1, PS2 どちらに

偏る可能性が高いかについて、言及することは出来ません。

よろしくお願いいたします。

qsathas-cisco Tue, 11/15/2011 - 05:16

中島様

Catalyst4900のHSRP GroupIDについて、

IDを再使用しない場合にはGroup最大いくつ作成できるのでしょうか教えてください。

どうぞよろしくお願いします。

yanakaji Tue, 11/15/2011 - 18:40

Satoshi Hasegawa様

こんにちは。

V1であれば256になります。

宜しくお願い致します。

torukimura Thu, 11/17/2011 - 05:56

スケジューリング方式の WRR と DWRR の違いについて教えてください。

DWRR についての詳細な資料はございますでしょうか。

yanakaji Thu, 11/17/2011 - 21:41

torukimura様

こんにちは。

LANスイッチの回にご質問頂きましたので、Catalyst6500のDWRRとWRRに関するご質問であると理解させて頂きました。

以下のURLをご参照下さい。

http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/switches/ps5718/ps708/white_paper_c11_538840.html

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/products_qanda_item09186a00804d2e3a.shtml#q13

http://www.cisco.com/en/US/docs/switches/lan/catalyst6500/ios/12.2SX/configuration/guide/qos.html

宜しくお願い致します。

Actions

Login or Register to take actions

This Discussion

Posted November 4, 2011 at 12:22 AM
Stats:
Replies:43 Avg. Rating:5
Views:7032 Votes:0
Shares:0

Related Content

Discussions Leaderboard