IOS-XE が稼働する Catalyst 4500 シリーズスイッチでの crashinfo

ドキュメント

2012/05/21 - 01:33
5月 21st, 2012

IOS-XE が稼働する Catalyst 4500 シリーズスイッチにおける crashinfo ファイルは

デフォルトでは crashinfo: ディレクトリに 10 個まで保存され、以降は古いものから

順に上書きされます。

この crashinfo ファイルの保存最大数の拡張や、別の保存ディレクトリを追加する

コマンド操作例をご紹介します。

Sup7e#show exception information

Exception configuration information

Coredump file - disabled,compressed

Maximum number of files

       Core - 10 file(s)

       Process crashinfo - 10 file(s)

Configured storage devices

    1 - crashinfo:

    2 - not assigned

    3 - not assigned

Dump protocol - not configured

Sup7e#conf t

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

Sup7e(config)#

Sup7e(config)#exception crashinfo maximum-files 20

Sup7e(config)#exception dump device second bootflash:

Sup7e(config)#exception dump device third usb0:

Sup7e(config)#

Sup7e(config)#end

Sup7e#

Sup7e#show exception information

Exception configuration information

Coredump file - disabled,compressed

Maximum number of files

       Core - 10 file(s)

       Process crashinfo - 20 file(s)

Configured storage devices

    1 - crashinfo:

    2 - bootflash:

    3 - usb0:

Dump protocol - not configured

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content