GSR ラインカード(Engine 3)で発生するパリティエラーのメッセージ

ドキュメント

2012/05/30 - 00:54
5月 30th, 2012

2008 年 1 月 22 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ラインカードの各構成要素のそれぞれにおいてパリティエラーが発生し、検出される場合があります。その際、パリティエラーの発生箇所によっては後述するメッセージが出力されます。

解決策

通常のパリティエラー発生時と同様に、メッセージが一度出力され、その後正常にラインカードが動作する場合には様子見、メッセージが繰り返し出力されるようであれば、ラインカードを交換して下さい。

エラー メッセージおよび警告

(これらは12.0(32)SY4 をベースに作成しています。)


%EE48-3-ALPHAECC: [RX|TX] ALPHA: An [PLU SDRAM|TLU SDRAM|SRAM32] ECC correctable error occured at address [hex]"

[TX|RX] ALPHA asic の参照するメモリ(PLU SDRAM|TLU SDRAM|SRAM32) において bit error が検出され、 ECC 機能によって修正された。


%EE48-3-ALPHAECC2: [RX|TX] ALPHA: An SRAM32 multibit error occured at address [hex]"

[TX|RX] 側の ALPHA asic の参照するメモリ [PLU SDRAM|TLU SDRAM|SRAM32] において、 複数ビットエラーが検出された。


%EE48-3-ALPHA_PARITY: [RX|TX] ALPHA: Transient SRAM32 parity corrected error [hex] Data [hex] [hex] Parity bits [hex]

[TX|RX] 側の ALPHA asic の参照する SRAM においてパリティエラーが検出され、 ソフトウェアにて修正された。


%EE48-4-BM_ERRSSS: [ToFab|FrFab] BM SDRAM single bit error(s) corrected, error [hex] ADDR [hex]

[ToFab|FrFab] BMA asic の参照する SDRAM 上でパリティエラーが検出、修正された。


%EE48-4-QM_ZBT_PARITY: [ToFab|FrFab] Address [hex] Data [hex]

[ToFab|FrFab] 側のQueue Manager の参照する ZBT SRAM においてパリティエラーが検出された。


%EE48-4-QM_ZBT_PARITY_TRANSIENT: [ToFab|FrFab] Address [hex] Data [hex]

[ToFab|FrFab] 側のQueue Manager の参照する ZBT SRAM において一時的なパリティエラーが検出された。


%EE48-4-QM_NON_ZBT_PARITY: [ToFab|FrFab] Error [hex]

[ToFab|FrFab] 側のQueue Manager の参照する SRAM においてパリティエラーが検出された。


%EE48-4-GULF_RX_TB_PARITY_ERROR: ASIC GULF: RX telecom bus parity error on port [dec]

GULF asic が Telecom Bus 上でパリティエラーを検出した。


%EE48-3-SRAM_PARITY: SRAM parity: Unable to find shadow [hex]

ALPHA asic が参照する SRAM のパリティエラーの修正に失敗した。

備考

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content