デバイスへのログイン情報を保存する方法について

ドキュメント

2014/03/04 - 23:47
5月 31st, 2012
User Badges:

SmartCareでは、アプライアンスに保存されている各デバイスへのログイン情報を
CSVファイルにバックアップとして、保存することができます。


また、そのCSVファイルから、Inventory サービス実施時にコピー&ペーストが可能となっております。


これにより、アプライアンスの交換などが発生した場合、

ログイン情報入力時の手間を省くことができます。


以下手順を説明いたします。


・バックアップ


    1. Administration > Assessment Appliance をクリック


    2. ハードウェアアプライアンス のリストが表示されるので右側の Details欄の View をクリック


    3. Manage Appliances ページが表示されますので中ほどの Appliance Backup > Start をクリック


    4. 続行するかどうかを尋ねるプロンプトで Yes をクリック

untitled.PNG


    5. プロンプトが表示されたら Save をクリックして CSV  ファイルを保存します。



・コピー&ペースト方法


    1. Administration > Services > Inventory の Run Now をクリック


    2. Inventory を行うデバイスを選択しNext をクリック


    3. ログインパスワードの入力画面が開きます。


    4. バックアップで作成されたCSV ファイルを開き、クリップボードにコピーします。


image003.png


    5. ログインパスワードの入力画面にカーソルを合わせ、クリップボードからペースト。

image005.png

    6. バックアップした情報が入力されます。


詳細につきましては

パートナーユーザーガイド Chapter11-22 Smart Care データの保護
http://www.cisco.com/web/JP/partners/service/smartcare/literature/SmartCarePUG.pdf


に記載がございますのでご参照ください

Loading.
kozeki 2014/03/04 - 23:47
User Badges:

Smart Care 1.12 より、ネットワーク上のデバイスの Credential 情報(ログイン情報)のバックアップ方法が変更になりました。

CSV ファイルに出力されるのは同様ですが、出力されたファイル内の Password・Enable Password・Read Commnity String に

関しては暗号化されるようになりました。



詳細につきましては以下をご参照ください。



Partner User Guide - 119 Back up and Restore of Credentials

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-37887

アクション

このドキュメントについて

Related Content