内部フラッシュ メモリのパーティション設定方法

ドキュメント

2012/06/04 - 19:42
6月 4th, 2012

2008 年 1 月 25 日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

多 くのクラス B フラッシュ ファイル システムでは、ルータが複数の異なるソフトウェア イメージの保存と維持ができるように、フラッシュ  メモリのバンクを独立した論理デバイスにパーティション設定できます。このようにパーティション設定することで、フラッシュ  メモリの別のバンクのソフトウェアを実行しながら、フラッシュ メモリにソフトウェアを書き込むことができます。

フラッシュ  メモリをパーティション設定するには、少なくとも2つのフラッシュ  メモリのバンクが必要です。1つのバンクは4つのチップで構成されています。この要件には、フラッシュ メモリの2つのバンクを持つ1つの SIMM  をサポートするシステムが含まれます。最小のパーティションのサイズは、1つのバンクのサイズになります。

解決策

次のコマンドは、フラッシュ メモリのパーティション設定方法の例です。

Router(config)#partition flash partitions [size1 size2]

次のコマンドは、Cisco 1600および3600シリーズ ルータ用です。

Router(config)#partition flash-filesystem:
[number-of-partitions][partition-size]

このタスクが成功するのは、システムに少なくとも2つのフラッシュのバンクがあり、パーティション設定によりフラッシュ メモリ内の既存のファイルがパーティションにまたがって分割されることがない場合だけです。

Cisco 1600シリーズおよび3600シリーズ ルータを除くすべてのプラットフォームでは、フラッシュ メモリは2つのパーティションにのみパーティション設定できます。

Cisco 1600および3600シリーズ ルータでは、1つのフラッシュ メモリ デバイス内に作成できるパーティションの数は、デバイス内のバンクの数に等しくなります。フラッシュ メモリ デバイス上のバンクの数を表示するには、show flash-filesystem: all コマンドを発行します。設定するパーティション サイズは、指定したパーティションの数に対して、同等のサイズを設定する必要があります。たとえば、partition slot0: 2 8 8コマンドでは、2つのパーティションが、それぞれサイズが8MB になるように設定されます。
最初の8は1番目のパーティションに対応し、2番目の8は2番目のパーティションに対応します。

フラッシュのパーティション設定の方法の詳細は、『ルータ メモリのコマンド』を参照してください。


備考


英語版URL

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-4062

Loading.

アクション

このドキュメントについて