AIM-ATM / VOICE および Cisco 3725/45 シリーズにおける、ネットワーク クロックに関する注意事項

ドキュメント

2012/06/04 - 20:33
6月 4th, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2009 年 6 月 16 日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

Cisco 2600、3660、および 3725/45 シリーズにて AIM-ATM、AIM-VOICE-30、AIM-ATM-VOICE-30 を搭載する場合、必ず下記の network-clock コマンドを設定してください。本コマンドが未設定の場合、クロックの同期ずれが発生しやすくなるため、FAX 通信に失敗するなどの事象が発生する原因となります。


network-clock-participate [slot slot-number | wic wic-slot | aim aim-slot-number]


network-clock-participate コマンドは、筐体内のネットワークモジュールおよび AIM との間で、クロックの同期を取ります。


network-clock-select priority {t1 | e1} slot/port


network-clock-select コマンドは、外部クロックと同期を取る(clock source line)場合に、マスタクロックとして使用する slot/port の優先順位を設定します。


また、Cisco 3725/45 に関しては AIM カードなしの構成においても、上記コマンドの設定を推奨します。Cisco 3725/45 は、筐体内に Time-Division Multiplexing(TDM)バスを持つため、同コマンドによってスロット間のクロックの同期を行ないます。


備考


掲載元: TechNews 2004 年 7 月号 No.0404-0007

Loading.

アクション

このドキュメントについて