Cisco892J BRI port にてケーブル抜き差しによる Interface 関連 Status 異常の発生

ドキュメント

2012/06/22 - 04:41
6月 22nd, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2011年 7月19日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

Cisco892J BRI port にてケーブルの抜き差しを行うと、下記のような事象が報告されています。


ダイアルアップ接続

- ケーブル抜き差し後、ISDN Layer 1 status が DEACTIVATED となり発呼/着信ができない。

本事象は "show isdn status" で確認できます。


64k/128k 専用線接続

- ケーブル抜去後、Interface status が約 50秒間 Link up、Line Protocol up のままとなり、即座に Link down、Line Protocol down とならない。

本事象は "show interfaces" で確認できます。


この問題は、CSCtl42631 として報告されています。

解決策

CSCtl42631 の修正が適用されたソフトウェアの使用。


ダイアルアップ接続での事象に関しては、事象発生時 に"clear interface bri 0" の実行、または機器の再起動にて事象改善されます。

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content