BRI interface のダイヤルアップによる発信が出来ない

ドキュメント

2012/06/25 - 04:25
6月 22nd, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

xxxx年xx月xx日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

ISDN layer 1 確立時に ISDN の INFO1 signal を送らないため、ステータスが 非アクティブのまま、BRI interface  のダイヤルアップによる発信が失敗する。


対象製品:
この事象は、機種やモジュールには依存しません。全ての ISDN BRI  interface にて発生することが考えられます。


発生条件:

この問題は、CSCei13743 にて報告されている事象となります。通常、起動直後や DSU 接続直後などでは、ISDN layer 1 のステートが F3 状態にあるため、発信時に、DSU へ INFO1 signal を送ることで、アクティブの F7 ステートになり発信が開始されます。


しかし、CSCei13743 による影響で INFO1 signal の送信がされず、ステータスが非アクティブのままになり発信が失敗します。なお、この問題は着信時には発生しません。着信により layer 1 がアクティブになった場合には、再度 layer 1 がダウンするまでの間、発信は可能となります。


この問題は、以下の CSCsa66756 の修正バージョンにて発生します。(2005 年 9 月 15日現在)


  • 12.3(16) 以降
  • 12.4(2) 以降
  • 12.4(2)T 以降
回避策

完全な回避策はありません。一度、強制的に着信させ、ISDN layer 1 のステータスをアクティブにすることで、その後の発信も可能となります。

解決策

CSCei13743: BRI interface unable to make calls (send INFO 1)


本問題は、CSCei13743 として報告されており、修正が行われています。修正済みバージョン以降にて回避可能となります。


備考

掲載元: TechNews 2005 年 9 月号 No.0509-0002

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content