POS interface で B3 エラーのみカウントする

ドキュメント

2012/06/25 - 04:28
6月 22nd, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2009 年 6 月 12 日(初版)


TAC SR Collection
技術情報

POS などのオプティカル系インターフェースでは、インターフェースが不安定になる原因として SONET/SDH  アラートがエラーメッセージや show controller に表示されますが、B3  エラーしか検知されない(もしくはカウントアップされない)場合があります。

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface POS1/0, changed state to up
%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface POS1/0, changed state to down
%SONET-4-ALARM:  POS1/0: B3 BER exceeds threshold, TC alarm declared
%SONET-4-ALARM:  POS1/0: B3 BER below threshold, TC alarm cleared
%SONET-4-ALARM:  POS1/0: B3 BER exceeds threshold, TC alarm declared
%SONET-4-ALARM:  POS1/0: B3 BER below threshold, TC alarm cleared


まず、このような場合は、対向の show controller、show log でエラーステータスを確認します。このとき、両方の PTE  で、上記のように B1、B2 がなく、B3 のみカウントアップ場合があります。


通常 BIP B3(Path)を検知した場合、B2(Line)、B1(Section)も検知されるはずです。これは、それぞれの BIP  が計算している領域が異なるためです。


この場合、PTE のローカル、もしくは対向のインターフェースそのものが、データ生成時の不具合のためエラーを含んだフレーム(corrupted  SPE)を生成してしまっている可能性があります。


念のため、できれば対向の PTE のアラームステータスも確認してから、ローカルおよび PTE 対向のインターフェースの切り分けをしてください。


なお、この問題に関して、SONET リンクにおけるビットエラーレートのトラブルシューティング もご覧ください。


備考

掲載元 : TechNews 2003 年 7 月号 No.0307-YA-00005

Loading.

アクション

このドキュメントについて