Catalyst2950/3550 シリーズにおける DTP のサポートについて

ドキュメント

2012/06/28 - 03:46
6月 28th, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2009年5月21日(初版)

TAC SR Collection

主な問題

Cisco Catalyst 2950/3550 シリーズにおいて、IOS バージョン 12.1 より DTP(Dynamic Trunking  Protocol)をサポートするようになりましたので、この変更に伴う注意点を説明します。


DTP(Dynamic Trunking  Protocol)は、LAN スイッチのポート動作モードを対向機器とネゴシエートするためのプロトコルです。ネゴシエートの結果、ポートの動作モード(Access,  Trunk)が決定されます。


LAN スイッチの各ポートに設定された DTP モード(DTP  の結果決定されるポートの動作モードとは異なります)によって、リンク確立時の動作が異なります。DTP モードは以下の 4 種類があります。


-  Desirable 対向機器とネゴシエートを行う

- Auto 対向機器が On、Desirable の場合ネゴシエートを行う

- on  明示的に動作モードを Trunk にする

- off 明示的に動作モードを Access にする


Cisco Catalyst 2950  シリーズ(*1)では、IOS バージョン 12.0 において DTP をサポートしていません。そのため、スイッチ ポートを Trunk  として動作させるためには明示的に Trunk として設定する必要があります。


(*1)Cisco Catalyst 3550 シリーズは IOS  バージョン 12.0 で動作しないため、この条件には該当しません。


IOS バージョン 12.1 より Cisco Catalyst  2950/3550 シリーズにおいて DTP をサポートすることとなりました(Default DTP モード = Desirable)。


IOS  バージョン 12.1 の Catalyst2950 におけるコンソール出力例(デフォルト設定時)


Cat2950#

Cat2950#show  interfaces fastEthernet 0/10 switchport

Name: Fa0/10

Switchport:  Enabled

Administrative Mode: dynamic desirable  <<---------------------

Operational Mode: down

Administrative  Trunking Encapsulation: dot1q

Negotiation of Trunking: On  <<---------------------

Access Mode VLAN: 1 (default)

Trunking  Native Mode VLAN: 1 (default)

Administrative private-vlan host-association:  none

Administrative private-vlan mapping: none

Operational private-vlan:  none

Trunking VLANs Enabled: ALL

Pruning VLANs Enabled:  2-1001



Protected: false


Voice VLAN: none (Inactive) Appliance  trust: none Cat2950# Cat2950#


DTP モードが Desirable であるため、対向機器の DTP モードが  Desirable であるか Auto である場合、自動的にポートの動作モードが Trunk となります。


これまで IOS バージョン 12.0  で動作していた Cisco Catalyst2950 シリーズにおいて、ポートの設定をデフォルトのままで Access ポートとして使用していた場合、IOS  バージョンを 12.1 へアップグレードすると、対向機器の設定によっては、意図せずポートの動作モードが Trunk  となってしまう場合があります。


例 1:2 台の Cisco Catalyst 2950 シリーズをデフォルト設定のまま接続していた場合、IOS  バージョン を 12.1 に変更することにより、従来 Access ポートとして使用していたポートが Trunk(IEEE  802.1Q)となってしまいます。


Version 12.0


No DTP No.DTP  [Cat2950-A](Access)---------------(Access)[Cat2950-B]


Version 12.1


DTP Desirable DTP Desirable  [Cat2950-A](Trunk)-----------------(Trunk)[Cat2950-B]


例 2:これらの Cisco  Catalyst シリーズの間に DTP を認識しないスイッチ、Bridge、HUB(3rd Vendor 製品など)が存在する場合、スイッチ  ポート動作モードの Mis-Match が発生します。


DTP Desirable No.DTP DTP Desirable  [Cat2950](Trunk)----(Access)[3rd Vendor](Access)----(Trunk)[Cat2950]


このような状況を回避するため、IOS を バージョン 12.1  へアップグレードする際は、スイッチ同士を接続しているポートの設定を改めて確認することをお勧めします。


次のコマンドで、ポートの動作モードを明示的に  Access とすることができます。


IOS バージョン 12.1 の Catalyst2950  におけるコンソール出力例


Cat2950(config)#interface fastEthernet  0/10

Cat2950(config-if)#

Cat2950(config-if)#switchport mode  access

Cat2950(config-if)#

Cat2950(config-if)#switchport access vlan  1

Cat2950(config-if)#

Cat2950#

Cat2950#show interfaces fastEthernet  0/10 switchport

Name: Fa0/10

Switchport: Enabled

Administrative Mode:  static access <<---------------------

Operational Mode: down  Administrative Trunking Encapsulation: dot1q

Negotiation of Trunking: Off  <<---------------------

Access Mode VLAN: 1 (default)

Trunking  Native Mode VLAN: 1 (default)

Administrative private-vlan host-association:  none

Administrative private-vlan mapping: none

Operational private-vlan:  none

Trunking VLANs Enabled: ALL

Pruning VLANs Enabled:  2-1001


Protected: false


Voice VLAN: none (Inactive)

Appliance  trust: none

Cat2950#

Cat2950#


Trunk ポートでは、STP Port State が  LISTENING/LEARNING/BLOCKING であっても、LED の表示は緑のままとなります。

備考

TechNews 2002 年 12 月号  No.0212-QA-00002

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content