Catalyst 4000、2948G の ROMMON 状態からの回避方法

ドキュメント

2012/06/28 - 22:01
6月 28th, 2012

2009年5月25日(初版)

TAC SR Collection

主な問題

ROM になってしまった場合、コンソールを接続してください。interface me1 の Ethernet Network Port を使ってください。me1 に ip address(必要ならデフォルト ゲートウェイ)を設定します。me1 は supervisor の console connection の隣にあります。

1.コンソールを接続します。

2.me1 をネットワークに接続します。

3.インターフェースに ip を設定します。

rommon 1 > show interface

me1: inet 172.20.58.227 netmask 255.255.255.0 broadcast 172.20.58.255

rommon 2 > show ip route

Destination              Gateway                Interface

----------------------- ----------------------- ---------

default                  0.0.0.0                me14.必要ならデフォルト ゲートウェイを設定します。

rommon 3 > set ip route default 172.20.58.1

5.デフォルト ゲートウェイを設定してもレスポンスが返らないため「show ip route」をして確認してください。

rommon 4 > show ip route

Destination              Gateway                Interface

----------------------- ----------------------- ---------

default                  172.20.58.1            me1

6.set コマンドで設定を確認します。

The set command issued by itself display's the environment variables.

rommon 5 > set

PS1=rommon ! >

AutobootStatus=success

MemorySize=32

DiagBootMode=post

?=0

ROMVERSION=4.4(0.15)

WHICHBOOT=bootflash:cat4000.4-4-0-18.bin

BOOT=bootflash:cat4000.4-4-0-18.bin,1;

7.TFTP server を設定、確認の後、TFTP server に ping をしてください。

rommon 6 > TftpServer=172.20.59.67 <----- TFTPServer の設定

rommon 7 > set

PS1=rommon ! >

AutobootStatus=success

MemorySize=32

DiagBootMode=post

TftpServer=172.20.59.67

?=0

ROMVERSION=4.4(0.15)

WHICHBOOT=bootflash:cat4000.4-4-0-18.bin

BOOT=bootflash:cat4000.4-4-0-18.bin,1;

rommon 8 > ping 172.20.59.67

172.20.59.67 is alive

8.システムをネットブートしてください。(Up versionを入れてください)

rommon 9 > boot /tftpboot/cat4000.4-4-0-19.bin

備考

TechNews 2000 年 2 月号 No.0002-QA-0001

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content