Cisco Catalyst 4500 スイッチの新しい48ポート10 / 100 / 1000BASE-T ラインカード(WS-X4548-GB-RJ45)と古い48ポート10 / 100 / 1000BASE-T ラインカード(WS-X4448-GB-RJ45)の相違点

ドキュメント

2012/06/28 - 22:53
6月 28th, 2012

2008年1月25日(初版)

TAC SR Collection

主な問題

新しい48ポート10 / 100 / 1000BASE-T ラインカード(WS-X4548-GB-RJ45)は、次の点が、古い48ポート10 / 100 / 1000BASE-T ラインカード(WS-X4448-GB-RJ45)と異なっています。

" Time Domain Reflectometer(TDR)対応で、将来のソフトウェア リリースにおいて TDR のサポートが利用可能。

" よりリーズナブルな価格。

" より優れた電力効率。

" 最低限 Cisco IOSR ソフトウェア リリース 12.1(19)EW または CatOS バージョン 8.1(2)以降が必要。

注:WS-X4448-GB-RJ45は、Catalyst OS(CatOS)(sup I および II)と Cisco IOS(sup II plus、III および IV)のいずれかで使用できます。

サポートされている Cisco IOS のバージョンの詳細については、『Catalyst 4500 シリーズ スイッチ、Cisco IOS, 12.1EW のリリースノート』の「サポート対象ハードウェア」のセクションを参照してください。

サポートされている CatOS のバージョンの詳細については、『Catalyst 4000 ファミリ ソフトウェア リリース 8.x のリリース ノート』の「製品とソフトウェア バージョンのサポート マトリクス」のセクションを参照してください。

英語版URL

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-4182

備考

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content