Cisco 880, 890 シリーズルータの BRI インターフェースがケーブル抜去後にステータスが up/down になる場合があります

ドキュメント

2012/06/29 - 01:56
6月 29th, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2012 年 1 月 16 日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

Cisco 880, 890 シリーズルータの BRI インターフェースからケーブル抜去するとステータスが up/down になる場合があります。本来はレイヤー 1 もダウンし BRI インターフェースのステータスが down/down となるのが正常な動作です。

この問題は BRI ポートにて専用線接続を行っている際に発生いたします。

具体的には isdn leased-line bri のコマンドが設定されている場合です。

また、この問題は CSCtl42631 として報告されています。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCtl42631 の修正が適用されたソフトウェアを使用してください。


不具合の暫定回避策 :

なし


備考


本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

Loading.

アクション

このドキュメントについて