ASR9000 で RSP, LC が Shutdown される温度

ドキュメント

2012/07/01 - 14:30
7月 1st, 2012
User Badges:
  • Cisco Employee,

SR9000 では H/W 保護の為、RSP や LC の検出温度が規定値を超えた場合は 各 module 毎に shutdown します。

温度の規定値は Shutdown Threshold Temperature(STT) として定義されており RSP は 93℃、LC は 90 ℃ です。


STT に達した場合は以下のログが出力され、該当モジュールが shutdown されます。


envmon[xxx]: %PLATFORM-ENVMON-0-CARD_OVERTEMP_SHUTDOWN

: Slot 0/1/CPU0 temperature 90.2C at or above STT 90.0C


shelfmgr[xxx]: %PLATFORM-SHELFMGR-1-INRESET_ALARM

: Power off node 0/1/CPU0 due to multiple critical alarms, putting into IN_RESET state

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content