異なるインターフェースに適用された policy-map が動作する場合があります

ドキュメント

2012/07/02 - 23:01
7月 2nd, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2012 年 1 月 16 日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

ME-3600X シリーズスイッチ や ME-3800X シリーズスイッチで、既にインターフェースに設定されている policy-map に対して設定変更を行うと、異なるインターフェースに適用された policy-map が動作する場合があります。


この問題が発生している際の例を以下に示します。


下記の例では、Gi0/5 には test1、Gi0/4 には test2 が適用されております。

トラフィックは Gi0/5 にしか流しておらず、Gi0/4 は shut down 状態です。

にもかかわらず、Gi0/4 に適用された test2 でのみカウントが増加しています。


ME3600#show policy-map int gig 0/5

GigabitEthernet0/5


Service-policy input: test1


Class-map: class-default (match-any)

66 packets, 4224 bytes

----snip----

ME3600#show policy-map int gig 0/5

GigabitEthernet0/5


Service-policy input: test1


Class-map: class-default (match-any)

66 packets, 4224 bytes

----snip----


ME3600#show policy-map int gig 0/4

GigabitEthernet0/4


Service-policy input: test2


Class-map: class-default (match-any)

55271029 packets, 3537345932 bytes

----snip----


ME3600#show policy-map int gig 0/4

GigabitEthernet0/4


Service-policy input: test2


Class-map: class-default (match-any)

61145522 packets, 3913313492 bytes

----snip----


ME3600#sh int gig 0/4

GigabitEthernet0/4 is down, line protocol is down (notconnect)


この問題は CSCtt43857 として報告されています。

解決策

この問題が発生した場合、問題が発生している policy-map をインターフェースから削除し再適用する事や、機器の再起動を行う事で復旧します。


改修版ソフトウェア :

CSCtt43857 の修正が適用されたソフトウェアの使用


備考


本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

Loading.

アクション

このドキュメントについて