存在しない MIB へのアクセスを行うと、メモリリークが発生する場合があります

ドキュメント

2012/07/02 - 23:10
7月 2nd, 2012

2012 年 1 月 16 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

デスクトップスイッチ製品、Catalyst4500 シリーズスイッチ製品、Catalyst4900M スイッチ製品で、snmpwalk 等で存在しない MIB へのアクセスを行うと、メモリリークが発生する場合があります。

リークする量はごく僅かであり、一度の発生で深刻な問題が発生するという不具合ではございませんが、メモリリークが進行すると、再起動等が発生する場合があります。

"存在しない MIB へのアクセス"の例を以下に示します。

例えば、下記の方法で snmpwalk で IF-MIB へアクセスした場合ではこの現象は発生しません。

----------------------------------------------

# snmpwalk -c <communuty> -v 2c <IP-address> 1.3.6.1.2.1.2.2

IF-MIB::ifIndex.1 = INTEGER: 1

IF-MIB::ifIndex.2 = INTEGER: 2

IF-MIB::ifIndex.3 = INTEGER: 3

---SNIP---

IF-MIB::ifOutErrors.66 = Counter32: 0

IF-MIB::ifOutErrors.67 = Counter32: 0

IF-MIB::ifOutErrors.68 = Counter32: 0

#

----------------------------------------------

上記の場合、ifOutErrors は 68 までなので、あえて 69 番目の情報にアクセスすると、次のようなエラーが返ってきます。

----------------------------------------------

# snmpwalk -c <communuty> -v 2c <IP-address> ifOutErrors.68

IF-MIB::ifOutErrors.68 = Counter32: 0

#

# snmpwalk -c <communuty> -v 2c <IP-address> ifOutErrors.69

IF-MIB::ifOutErrors.69 = No Such Instance currently exists at this OID

#

----------------------------------------------

上記ようなアクセスが 存在しない MIB 情報へのアクセスになります。

この問題は CSCsy92331 として報告されています。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCsy92331 の修正が適用されたソフトウェアの使用

備考

本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content