ISR シリーズルータで NAT 使用時に SIP によりメモリリークが発生する - その 2

ドキュメント

2012/07/02 - 22:00
7月 2nd, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2012 年 4 月 23 日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

ISR シリーズルータで NAT ALG の機能を使用時、SIP トラフィックによりプロセスメモリにてメモリリークが発生します。

この症状は show memory debug leak chunks の Alloc-Proc で IP Input によるエントリが増加していくことで確認できます。


Router#show memory debug leak chunks


Address    Size   Alloc_pc  PID  Alloc-Proc       Name

zzzzzzzz      yyy xxxxxxxx  zzz  IP Input        IP Input

zzzzzzzz      yyy xxxxxxxx  zzz  IP Input        IP Input

zzzzzzzz      yyy xxxxxxxx  zzz  IP Input        IP Input

zzzzzzzz      yyy xxxxxxxx  zzz  IP Input        IP Input

zzzzzzzz      yyy xxxxxxxx  zzz  IP Input        IP Input

zzzzzzzz      yyy xxxxxxxx  zzz  IP Input        IP Input

zzzzzzzz      yyy xxxxxxxx  zzz  IP Input        IP Input


またメモリリークが起こることにより、新たなメモリの割当てができないことを示す %SYS-2-MALLOCFAIL が出力され、ルータの動作に影響を与えることがあります。

この問題は CSCtf88682 として報告されています。

解決策


CSCtf88682 の修正が適用されたソフトウェアを使用してください。


不具合の暫定回避策 :

機器を再起動して下さい。

Loading.