Cisco 1900、2900、3900 シリーズルータにて CRC と runts が発生する場合がある

ドキュメント

2012/07/02 - 22:54
7月 2nd, 2012
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

2012 年 4 月 19 日(初版)


TAC SR Collection
主な問題

Cisco 1900、2900、3900 シリーズルータにて on board の GigabitEthernet ポート に speed 10/duplex full の設定を行うと CRC と runts が発生する場合があります。

この問題は CSCth36740 として報告されています。


以下は事象発生時の出力例です。

**************************************

Router#show interfaces Gi0/2

GigabitEthernet0/2 is up, line protocol is up

---snip---

     Received 185672 broadcasts, 24988 runts, 0 giants, 0 throttles

     42115 input errors, 42115 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored

---snip---

Router#show running-config interface GigabitEthernet 0/2

Building configuration...


Current configuration : 95 bytes

!

interface GigabitEthernet0/2

no ip address

duplex full

speed 10

no cdp enable

end

**************************************

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCth36740 の修正が適用されたソフトウェアの使用


不具合の暫定回避策 :

speed auto/duplex auto など speed 10/duplex full 以外の設定を使用してください。

Loading.

アクション

このドキュメントについて