CSS のコンソールがハングする

ドキュメント

2016/06/10 - 01:05
7月 4th, 2012
User Badges:

2008年01月25日(初版)



TAC SR Collection
主な問題

事象:
CSS の設定等コンソール使用中、突然コンソールからの応答がなくなることがあります。


確認事項:
コンソールからの応答がなくなった場合でも、通信に影響は出ていないか、telnet によるアクセスは可能かを確認してください。


原因:
通信に影響がなく、また telnet アクセスも可能な場合、入力ミス等によって画面への出力が停止したことに起因しています。

CSS は ctrl + s を実行することで画面出力が停止いたします。

ターミナルの日本語入力が Shift JIS になっている場合、日本語入力状態で を実行しても同様の現象となります。 そのため、この現象は日本語入力になっていることに気づかずに show コマンドを実行しようとした場合によく発生いたします。

一度に大量の設定等をコピー & ペーストした場合、コンソールの応答速度の影響で、コピー & ペーストに失敗し、偶然 ctrl + s と同様の文字コードが入力されることがあります。 そのため、コピー & ペースト時にもまれに画面出力が停止することがあります。

この状態は、画面出力が停止しているだけで、コマンド入力は可能です。そのため reboot コマンドを実行すると CSS は再起動します。

解決策

ctrl + q を実行してください。


Loading.