スタック構成のデスクトップシリーズスイッチで CPU 使用率が上昇する場合があります

ドキュメント

2012/07/06 - 19:51
7月 6th, 2012

2012 年 4 月 23 日(初版)



TAC SR Collection
主な問題

以下の IOS  が稼働する、スタック構成のデスクトップシリーズスイッチで、スタックにメンバースイッチが参加すると、新たにスタックに参加したメンバースイッチを経由 する L3 転送されるトラフィックが H/W 転送されずに S/W 転送され、CPU 使用率が上昇する場合があります。


12.2(58)SE

12.2(58)SE1


この問題が発生している場合、'show processes cpu' の出力で、'IP Input' が上昇します。

この問題は、Catalyst 2960S シリーズスイッチでは発生しません。


この問題が発生している例を以下に示します。


Switch#show processes cpu

-------SNIP------

  214     2052813      694991       2953 54.22% 56.84% 56.54%   0 IP Input        



この問題は CSCto68072 として報告されております。         

解決策

問題が発生している通信の Ingress となる L3 インターフェースを sh/no shut する事によって、再び H/W 転送される様になります


改修版ソフトウェア :
CSCto68072 の修正が適用されたソフトウェアの使用


備考

Loading.