Cisco CallManager SDI Trace の確認方法

ドキュメント

2012/07/18 - 01:03
7月 16th, 2012

概要

Unified CM の Cisco CallManager SDI Trace を解析するツール TranslatorX の紹介と、

簡単な切り分け手法について紹介します。

TranslatorX について

TranslatorX は Cisco CallManager SDI Trace (Detailed) ログの内容を構文解析し、

SIP, H323 (H.225/H.245), MGCP, SCCP, などのシグナリングプロトコルの内容を表示するツールです。

例として、以下のような機能があります。

- VLT(Voice Log Translator)でサポートしていない Unified CM 8.x, 9.0 のフォーマットをサポート

- シーケンス図を作成

- SDI ファイルから CDR 出力を読み込み、コールリストを作成

- 複数のフィルタを AND, OR 条件で指定可能

- H.245 のメッセージを H.225 と自動的に関連づけてフィルタ

- IOS の SIP デバッグ出力 'debug ccsip message' にも対応

- ファイルのドラッグアンドドロップをサポート

TranslatorX は以下のページからダウンロードできます。

なお、Cisco のオフィシャルなツールではないため、TAC 未サポートとなります。

[TranslatorX]

http://translatorx.cisco.com/

home.bmp

TranslatorX の使い方

TranslatorX を起動し、左上の File -> Open (もしくは Open Folder) から、

Detailed Level で取得した Cisco CallManager SDI Trace を開くと、

SDI ファイルに記録されているシグナリングメッセージが出力されます。

4.png

Filter ボタンを押すと Device IP, Call ID などを設定してメッセージをフィルタすることができます。

2.png

Generate Diagram ボタンを押すと、フィルタメッセージに対してシーケンス図を表示します。

メッセージをダブルクリックすることによって SDI ファイルの対象の行が表示されます。

3.png

簡単な切り分け手法

コールが失敗する問題を切り分ける際には、以下の情報を事前に確認してください。

- 発信時刻

- 発信デバイス情報 (電話番号、IP アドレス、デバイス名)

- 着信デバイス情報 (電話番号、IP アドレス、デバイス名)

- 接続プロトコル (SIP, SCCP, MGCP 等)

- Unified CM, IP Phone のバージョン

コールが失敗した時間帯を含めた Cisco CallManager Trace (Detailed) を取得し、TranslatorX で読み込みます。

事前に確認した IP アドレスなどの情報からフィルタをかけ、コールを特定し、シーケンス図で表示します。

また、SIP の場合は Filter > SIP > Call ID、H.323 の場合は Filter > Q931/H.225 > Call Reference で該当のコールのみをフィルタすることができます。

ここで、もしコールが通話前もしくは通話後に切断される事象であれば、

どのノードが起点となって切断されているかを確認します。SIP の場合、通話前であれば

4xx, 5xx などのエラーレスポンスが Unified CM から送信されていたり、

通話後であれば BYE が送信されていないかなどを確認します。

ここで、切断されたメッセージに切断理由 (Cause Code) が付与されている

場合は、切断された理由を確認することができます。

SIP の場合は BYE などの Reason ヘッダに記載され、H.225 の場合は RELEASE_COM などの

Cause i (下位7bit)に記載されます。

各 Cause Code の意味については、下記のページで確認できます。

また、シグナリングメッセージ上に記載されていなくても、SDI ファイルを 'cause' や 'cv' で

grep すると Cause Code を確認できる場合があります。

[Call Termination Cause Codes: Unified CM 8.6]

http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/cucm/service/8_6_1/car/carsrch.html#wp1085459

SDI トレースの確認方法は下記の Support Community のドキュメントも参考にしてください。

[Tracking H.323 Calls in CUCM SDI Traces]

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-11779

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content