IOS-XR: p イメージと px イメージの違い

ドキュメント

2014/11/18 - 00:40
10月 3rd, 2012
User Badges:
  • Cisco Employee,

IOS-XR が動作する、CRS-1, CRS-3, ASR9000 シリーズでは、使用する OS の内 p イメージと px イメージがございます。

将来 px が必要なラインカードを導入される予定がある場合は、px イメージをお使い下さい。

* p イメージは Power PC CPU (PPC) 用
* px イメージは x86 CPU 用

CRS

※CRS-1, CRS-3 用 IOS-XR 4.0 以降の px イメージには、p イメージが含まれておりますので、p イメージが必要なモジュールに対しても使用可能です。

RP / PRP / Linecard / Fabric cardイメージタイプ
Power PC CPU が搭載されている RP (CRS-8-RP, CRS-16-RP 等)p
Intel CPU が搭載されている PRP (CRS-8-PRP, CRS-16-PRP 等)px
Power PC CPU が搭載されている、MSC, FP40 等 CRS-1 や CRS-3 で使用されるラインカードやファブリックカードp
Intel CPU が搭載されている 、MSC140, FP140 等 CRS-3 専用のラインカードやファブリックカードpx

 

ASR9000

※ASR9000用 IOS-XR 4.3.0 以降では、p イメージはリリースされないため、px イメージをご使用下さい。IOS-XR 4.3 以降の px イメージには、p イメージが含まれておりますので、p イメージが必要なモジュールに対しても使用可能です。

RSP / Linecardイメージタイプ
RSP2 (A9K-RSP-4G/8G 等), ASR-9001p
RSP440 (A9K-RSP440-TR/SE 等)px
全てのラインカード(2012年9月時点)p

 

RP/RSP/LC の CPU アーキテクチャについては、以下の記事もご参照下さい。
IOS-XR: CRS-1/CRS-3/ASR9000 でサポートする RP/LC の CPU アーキテクチャとコア数

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content