Expressway-E で Static NAT 使用時にライセンスエラーが表示される

ドキュメント

2016/05/08 - 23:37
4月 24th, 2015
User Badges:
  • Bronze, 100 points or more

2015年4月24日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco TelePresence Video Communication Server (VCS) や Cisco Expressway を使ってインターネットに接続している環境において、VCS-E / Expressway-E で Single NIC および Static NAT を使っている場合、社内からインターネット側のエンドポイントに対してコールした際に VCS-C / Expressway-C で下記の予期せぬライセンスエラーがアラームに出力される場合があります。

Call license limit reached You have reached your license limit of 0 concurrent traversal call licenses
原因

VCS-E / Expressway-E が Single NIC および Static NAT を使っている場合、VCS-C / Expressway-C 上の Traversal Zone の Peer に設定されている VCS-E / Expressway-E の FQDN は Static NAT アドレス (Global) で設定されているIPアドレスとして名前解決できる必要があります。

例えば、exp-e.example.com という名前で FQDN が設定されており、このFQDNに対する Internal(Private)のIPアドレスが10.0.10.3, External(Global)のIPアドレスが64.100.0.10の場合、exp-e.example.com は社内 DNS によって64.100.0.10が返っ てくる必要があります。

上記の FQDN が Global IPアドレス(上記の例の場合は64.100.0.10)として名前解決できない場合に、このアラームが出力されます。

nat

Cisco Expressway Basic Configuration Guide

P52
Single subnet DMZ using single Expressway-E LAN interface

The traversal client zone on the Expessway-C needs to be configured with a peer address which matches the static NAT address of Expressway-E

解決策

ド キュメントの記載どおり、社内 DNS の設定を変更し、VCS-C / Expressway-C の Traversal Zone の Peer の FQDN に対応する IP アドレスが Static NAT アドレスになるように変更してください。その際、VCS-C/Expressway-C と VCS-E/Expressway-E 間の Firewall の設定も合わせて変更する必要があります。

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content