APIC-EMでのログ取得手順

ドキュメント

2016/06/15 - 19:15
6月 15th, 2016
User Badges:
  • Cisco Employee,

APIC-EMで、rca コマンドによるログを取得する手順を説明します。

rca コマンドは、APIC-EMのプラットフォームである grapevine 上で動作するログ収集のためのコマンドラインツールです。

オフラインでログを解析したい場合や、TACから指示があった場合はこの手順を参考にログを取得してください。

準備するもの

ログ取得にあたり、以下のアプリケーションが必要です。

  • Putty, Teratermなどのターミナルソフトウェア
  • WinSCPなどのSFTP利用可能なFTPクライアント


手順

APIC-EMにターミナルからログインします。アカウント名は'grapevine', パスワードはインストール時に設定したパスワードです。クラスタを組んでいる場合は、どのサーバにログインしても構いません。


(local)> ssh [email protected]   # APIC-EMにSSHでログイン
[email protected]'s password:
Welcome to Ubuntu 14.04.3 LTS (GNU/Linux 3.19.0-31-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/
Last login: Thu Jun 16 01:52:26 2016 from xxx.xxx.xxx
(grapevine)
[Thu Jun 16 01:52:40 UTC] [email protected] (grapevine-root-1) ~
$


プロンプトから、'rca'を実行します。root権限のパスワードを確認されますので、'grapevine'のパスワードを入力します。取得時間はクラスタの規模やログの量により異なりますが、数分から数十分程度かかります。


$ rca   # rca コマンドの実行
[sudo] password for grapevine:  # パスワードを入力
mkdir: created directory '/tmp/grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000'
===============================================================
RCA package created on Thu Jun 16 01:52:58 UTC 2016
Max Log Size: 50000000
===============================================================

[INFO] Generating log for 'date'...
[INFO] Generating log for 'grape debug dump'...
[INFO] Starting RCA collection for clients...
[INFO] Generating log for 'sudo lxc-ls -f'...

...   処理中はログが出力されます

[INFO] Cleaning up RCA temp files...

Created RCA package: /tmp/grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz
(grapevine)
[Thu Jun 16 01:56:01 UTC] [email protected] (grapevine-root-1) ~
$ 


コマンドが終了したら、SFTPクライアントを起動して、'/tmp/'フォルダに移動します。

SFTPアクセスに利用するアカウントも'grapevine'です。

'tmp/'配下に'grapevine-root-<ip>-rcp_<date>.tar.gz'というファイルが生成されていますので、SFTP経由でダウンロードしてください。


(local)> sftp [email protected]
[email protected]'s password:
Connected to apicem.
sftp> cd /tmp
sftp> ls
a6468965-068e-43bc-8b11-c40b3064b234
grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz
grapevine_manager.lock
...
snappy-1.0.5.2-libsnappyjava.so

'rca'による作成されたアーカイブファイルをダウンロード

sftp> get grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz 
Fetching /tmp/grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz to grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz
/tmp/grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz                    100%  172MB 690.5KB/s   04:15
sftp>


ダウンロードが完了したら、上記ファイルをターミナル('rm'コマンド)もしくはSFTPクライアントから削除します。


$ cd /tmp
(grapevine)
[Thu Jun 16 02:11:09 UTC] [email protected] (grapevine-root-1) tmp
$ rm grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz
rm: remove write-protected regular file 'grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz'? y
rm: cannot remove 'grapevine-root-10.71.224.56-rca-2016-06-16_01-52-47-AM_UTC+0000.tar.gz': Operation not permitted
(grapevine)
Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content