NGWC AP リブート発生時のCrash ログ取得方法

ドキュメント

2016/10/27 - 19:57
10月 27th, 2016
User Badges:
  • Cisco Employee,

本ドキュメントでは AIR-CT5760等の NGWC製品において、AP のリブート事象が発生した場合の Crash ログ取得方法について説明します。

AP の S/W 不具合等により、AP がリブートしてしまうという問題事象が発生することがあります。その場合、リブート発生原因の解析に有用な Crash ログが生成されることがあります。

NGWC 製品は AIR-CT5508 等の AirOS 製品同様、AP の Flash に生成された Crash ログは、AP がワイヤレスLANコントローラ(WLC)に再帰属した際に、WLCに自動でアップロードされます。

以下、WLC から AP の Crash ログを取得する方法を記載いたします。

1. シリアルコンソールまたはTELNET/SSH にて WLC の CLI にアクセスします。

2. "show crashinfo:" コマンドにより AP の Crash ログが存在していることを確認します

※ap_crash ディレクトリの配下に Crash ログがあることを確認してください。

5760-D#show crashinfo:

-#- --length-- ---------date/time--------- path

  2       1024 Oct 28 2016 02:23:11.0000000000 +00:00 ap_crash

  3     373912 Oct 28 2016 02:23:15.0000000000 +00:00 ap_crash/lrad_08cc68b44ef0.crash

  4          0 Mar 16 2010 13:37:09.0000000000 +00:00 koops.dat

  5        410 Jan 15 2016 08:27:01.0000000000 +00:00 last_systemreport_log

  6     711423 Mar 16 2010 13:39:41.0000000000 +00:00 system-report_1_20100316-133936-UTC.gz

  7         39 Jan 15 2016 08:27:01.0000000000 +00:00 last_systemreport

  8     740831 Apr 03 2010 08:59:42.0000000000 +00:00 system-report_1_20100403-085937-UTC.gz


3. TFTPサーバを用意し、"copy crashinfo: tftp:" コマンドにより、Crash ログをコピーしてください。

5760-D#copy crashinfo: tftp:

Source filename []? ap_crash/lrad_08cc68b44ef0.crash

Address or name of remote host []? 172.20.102.3

Destination filename [lrad_08cc68b44ef0.crash]?

!!!

373912 bytes copied in 1.661 secs (225113 bytes/sec)

5760-D#


Loading.

アクション

このドキュメントについて