UCS C-Series メモリー(DIMM) の交換手順

ドキュメント

2013/03/25 - 18:47
3月 25th, 2013
User Badges:
  • Silver, 250 points or more

■作業前


【CIMC 確認】


1. Server タブ 配下、"Inventory" を選択します。

   右画面 "Memory" タブを選択

   該当のメモリーモジュールの "Visibility" "Operability" ステータスを確認


2. "system Event Log" を確認し、該当のメモリーモジュールのエラーを確認

   * CIMC 1.4 以前では、Server タブ配下

   * CIMC 1.5 以降では、Server タブ配下、"Faults and Logs" 選択、右画面より


■作業手順


【お客様作業】


1. OS shutdown


【FE作業】


2. 該当ホストに接続されている各ケーブルにラベリングし、抜く


3. 該当サーバーをラックから抜く


4. Top cover を開ける


5. 該当 DIMM を抜く


6. 交換用 DIMM を挿入する


7. Top cover を閉める


8. 該当サーバーをシャーシに戻す


9. "2." で抜いたケーブルを挿入


【お客様作業】


1. OSをブートさせる 
(Equipment > Chassis > Chassis X > Servers > Server X
 右画面 Action項目内 Boot Server をクリック、確認画面で OK をする)


2. OSレベルの動作確認を実施


■作業後


【CIMC 確認作業】


1. Server タブ 配下、"Inventory" を選択します。

   右画面 "Memory" タブを選択

   該当のメモリーモジュールの "Visibility" "Operability" ステータスを確認


   "Visibility" が "Yes"、"Operability" が "Operable" になっていれば正常


2. "system Event Log" を確認し、該当のメモリーモジュールのエラーが出力されていないかを確認

   * CIMC 1.4 以前では、Server タブ配下

   * CIMC 1.5 以降では、Server タブ配下、"Faults and Logs" 選択、右画面より

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content