×

警告メッセージ

  • Cisco Support Forums is in Read Only mode while the site is being migrated.
  • Cisco Support Forums is in Read Only mode while the site is being migrated.

Wireless IP Phone の Trace Log の取得方法

ドキュメント

2013/04/24 - 18:41
4月 23rd, 2013
User Badges:
  • Cisco Employee,

本ドキュメントでは、Cisco Wireless IP Phone シリーズ (CP-792X) の Trace Log の取得手順について説明します。



取得方法の概要


1. HTTP(S) による GUI 経由での取得


CP-792X 内の揮発メモリ上の Trace Log を取得することが可能です。


2. Syslog Server を使用した取得


以下の 2 通りの方法で Syslog Server による Trace Log の取得が可能です。

  • Remote Syslog Server に対して、Wireless LAN (以下 WLAN) 経由で転送
  • Syslog Server を起動した PC に対して、USB ケーブル経由転送

(*) Module Trace Level のカスタマイズが必要な場合は GUI にて設定を行います。




取得方法の詳細


1. 事前設定



Cisco Unified CM Administration GUI の Device Configuration にて、対象 IP Phone に対して以下の2項目を設定します。

  • Web Access を Full に設定
  • Admin Password を設定 (未設定時は "Cisco")



11.png



2. CP-792x に HTTP(S) 経由で GUI アクセスしログイン



アカウント : admin

パスワード : 1 で設定したパスワード




3. Trace Settings の変更



TRACE SETTINGS メニュー内で設定変更を行います。


12.png




(*1) にて、Trace Log の保存容量の拡張が可能です。上限は以下の通りです。

Number of Files : 10

File Size : 250 Kilo Bytes


(*2) にて、Remote Syslog Server を設定し、Trace Log を WLAN 経由で、Syslog Server に転送することが可能です。

ただし、Trace Log 転送のトラフィックにより、WLAN の帯域が圧迫され、音声品質への影響が生じる場合があります。


(*3) にて、調査対象の問題に応じた Module Trace Level の設定が可能です。

Default は全て Error Level です。

Emergency, Alert, Critical, Error, Warning, Notice, Info, Debug と複数 Level が選択可能ですが、調査の際には、最も出力量の多い Debug Level に設定して下さい。

ただし、Trace Level の変更によって、CP-792X のパフォーマンスへの影響が生じる場合があります。


(*4) の Preserve Logs は、お客様環境では False のままで使用して下さい。

True の場合、Trace Log を Flash RAM へ書き込む設定となり、CPU 負荷が高騰し、CP-792X の動作に影響が生じる場合があります。




4. USB ケーブル経由で取得する場合の設定


4-1. Syslog Server を起動した PC へ USB ドライバをインストール


CCO の Download Software のページより取得して、PC へインストールしてください。


2013/4/22 現在の最新のドライバは以下です。



15.png


(*) CP-792X のファームウェアバージョン 1.4(4) 以降でのみ、Windows 7 が使用可能であるため、1.4(3) 以前では Windows XP を使用して下さい。



4-2. PC と CP-792X を USB ケーブルで接続


4-3. USB インターフェースに Syslog 転送用のネットワークを作成

  • CP-792X の設定

USB SETTINGS メニューで、この作成されたネットワークインターフェースの IP Address / Subnet Mask を設定します。

(*) 初期値は 192.168.1.100 / 255.255.255.0


14.png



  • PC 側の設定

自動で追加された 『ローカルエリア接続X』 に同一ネットワークの IP Address を設定します。



4-5. Remote Syslog Server として PC の IP Address を設定


3 の (*2) の Remote Syslog Server に 4-4 で設定した PC の IP Address を設定します。




5. Trace Log の取得



調査対象の問題を発生させた後に、Trace Log を保存して下さい。

  • Syslog Server を使用した場合、転送された Trace Log を保存
  • Syslog Server を使用しない場合、以下の手順で IP Phone の GUI から揮発メモリ内の Trace Log を保存

TRACE LOGS メニューの Download Logs をクリックして保存して下さい。


13.png



Appendix



Module Trace の各項目によって取得が可能なログの概要を紹介します。


Module Trace 名Summary

Kernel

Operating System data

Wireless LAN Driver
Channel scanning, roaming, and authentication
Wireless LAN Manager

WLAN Management, QoS

Configuration
Phone configuration, firmware upgrade
Call Control
Cisco Unified Communications Manager messaging (SCCP)
Network Services

DHCP, TFTP, CDP, WWW, Syslog

Security Subsystem

Application level security data

User Interface

Key strokes, softkeys, MMI data

Audio System

RTP, SRTP, RTCP, DSP data

System

Event Manager

Java

Java MIDP

Bluetooth

Bluetooth

Loading.

アクション

このドキュメントについて

Related Content