2015/4/21 Webcast ’Cisco Integrated Services Router (ISR)G1/G2 トラブル シューティング’ 録画ビデオ

ビデオ

2015/08/11 - 06:17
4月 22nd, 2015
User Badges:
  • Silver, 250 points or more
ビデオのアップロード: 

 

[セッション概要]

Cisco ISR G1/Cisco G2 Router における CPU 使用率の問題のトラブル シューティングとパケット ドロップに関するトラブルシューティングについて解説を行います。
それぞれについて主に以下の解説を行います。

  • トラブルシューティングの手順
  • トラブルシューティング時に使用するコマンドの解説
  • 事例の紹介
Loading.
Ryota Takao 2015/08/11 - 06:17
User Badges:
  • Cisco Employee,
  • Events Top Contributors,

    Cisco, 2014

P65 ページ目の以下の設定は

event syslog pattern "%SYS-1-CPURISINGTHRESHOLD:"

以下のように変更を行ってください。

event syslog pattern "%SYS-1-CPURISINGTHRESHOLD:" maxrun 600

その後の調査で元の設定のままではログが取得出来ない場合があることがわかりました。

maxrun はEEMが動作する動作する最大時間を定義しています。

default では maxrun は 20 秒 です。CPU 使用率高騰時にはログの取得が 20 秒で取得が終わらない可能性を考え 600 秒に変更しています。

どうぞよろしくお願いします。

得票数:0

アクション

このビデオについて