シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

定期的にIP電話を自動でリセットする方法

このドキュメントでは、Cisco Unified Communications Manager(以下CUCM)において、定期的にIP電話を自動でリセットやリスタートする方法を紹介しています。

 

 

 

目的

このドキュメントの目的は、IP電話で定期的に発生する問題(メモリーリークなど)を回避することです。IP電話の通常設定では、リセットのスケジュールを作成する機能はありません。下記の手順はすべてCUCMで実施するものです。

 

 

対象のデバイスを選択

この手順でリセットできるデバイスは、CCMAdminのデバイス -> 電話というページで作成可能のデバイスです。CUCMに登録できる、シスコ IP電話、ビデオ端末、3rdパーティ SIP電話、CTI Port などが対象機器です。


Ⅰ.

CCMAdminの画面から、一括管理 --> 電話 --> 電話のリセット/ リスタート --> クエリーというページをアクセスします。

 

Ⅱ.

「リセット・リスタート・設定の適用」というオプションから必要な作業を選択し、「後で実行」にチェックを入れます。

 

 

Ⅲ.

対象デバイスの検索条件を設定し、送信ボタンをクリックします。

 

Reset Devices 1

 

補足1:
デバイス名、電話番号、デバイスタイプ、デバイスプロトコルなどの条件を同時に複数設定できます。上記の画像では、7800シリーズのIP電話で、回線番号が20で始まる電話機まで絞っています。

 

補足2:
デバイスタイプという検索条件に入力できる文字列は、デバイス --> デバイスの設定 --> デバイスのデフォルトというページで確認可能です。

 

 

Ⅳ.

(リセットの頻度は、毎時・毎日・毎週・毎月の中の一つであれば、本ステップは不要です。希望の頻度はこちらに該当しない場合(3日間毎、2週間毎など)、本ステップは必要です。)


今後必要となるリセットの回数分、上記 Ⅲの「送信」ボタンを繰り返してクリックします。


例:今後の9日間の中で、3日間毎にリセットをしたい場合、「送信」を3回クリックします。その結果、同様のジョブが3つ表示されます。
 

 

 

スケジュールを適用

これよりの手順は 一括管理 --> ジョブスケジューラというページで実施します。


Ⅴ.

上記 Ⅲ とⅣで作成されたジョブを選択し、下記のように1回目のリセットのスケジュール日時を設定します。

 

Reset Devices 4

補足:

上記 Ⅳ を実施した場合、各ジョブの頻度を「一度」にし、希望のスケジュール日時を手動で都度入力してください。

 

Ⅵ.

ジョブのステータスが保留となっているため、上記 Ⅴ.を完了の上、各ジョブのステータスをアクティブに変更します。
 


Ⅶ.

ジョブのスケジュール日時とステータスを下記のように確認できます。

下記の画像は上記 Ⅳ.で紹介した事例です。


 

Ⅷ.

スケジュールとステータスに問題がなければ、このままスケジュール通りにリセットが自動で適用されます。

261
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント