シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

7900 シリーズ IP Phone (9.3(1)SR2 以降のファームウェア) からSSH経由でデバッグを収集する方法

     

     

     

    はじめに

    本ドキュメントでは、7900 シリーズ IP Phone で 9.3(1)SR2 以降のファームウェアを使用している場合に、SSH経由でデバッグを収集する方法について説明します9.3(1)SR2 より古いファームウェアでの手順 とは異なる部分があります。

     

    セキュアシェルのユーザ名とパスワードを指定する

    Cisco Unified Communications Manager (CUCM) Administration の Web ページにログインし、[Device(デバイス)]、[Phone(電話)] の順に選択し、対象の IP Phone の設定画面を表示します。

    [protocol specific configuration(プロトコル固有の設定)] セクションまでスクロールし、 [Secure Shell information(セキュア シェル情報)] の下で

    • セキュアシェルユーザ (Secure Shell User)
    • セキュアシェルパスワード (Secure Shell Password)

    を設定します。

    この例では、セキュアシェルユーザとパスワードのペアに cisco, cisco を使用しています。

     

    セキュアシェルアクセスを有効にする

    同じく [Phone Configuration(電話の設定)] ページにて、[SSH Access] を [Enabled] に設定します。

     

     

     

    電話機へのログイン

    SSH で電話機にログインします。 前のステップで設定したセキュアシェルユーザとパスワード(本例では cisco, cisco)を使用します。

    ログインすると、別のログインプロンプトが表示されます。

    login:

     

    • アカウント名 : debug
    • パスワード     : debug

    で IP Phone のデバッグモードにログインします。

    ログインすると、IP Phone の MAC Address のプロンプトが表示されます。

    001D452DXXXX> 

     

    デバッグレベルの設定

    以下の2つを設定頂くことで、基本的なデバッグの取得が可能です。Service Request のオープン前にあらかじめ取得いただくと調査がスムーズになる場合があります。

    • jvm logging level debug
    • debug jvm all
    001D452DXXXX> jvm logging level debug
        Sending SIGUSR2 to sunvm.cnu
    001D452DXXXX> debug jvm all

     

    なお、Service Request での調査においては、TAC エンジニアより個別にデバッグレベルを設定するよう依頼させていただく場合があります。

    デバッグレベルを初期値に戻すためには、

    • no debug all

    を設定します。

    001D452DXXXX> no debug all
        Removing /usr/local/trace/sunvm.cnu.trc
        Modifying kernel VFS
        Modifying kernel PROC
        Modifying kernel NET
        Sending SIGUSR2 to init
        Sending SIGUSR2 to espd
        Sending SIGUSR2 to inetd
        Sending SIGUSR2 to rtsold
        Sending SIGUSR2 to cdp
        Sending SIGUSR2 to dhcp6
        Sending SIGUSR2 to pae
        Sending SIGUSR2 to imgauthd
        Sending SIGUSR2 to dhcp
        Sending SIGUSR2 to tftpClient
        Sending SIGUSR2 to secd
        Sending SIGUSR2 to ntp
        Sending SIGUSR2 to vieo
        Sending SIGUSR2 to dsp
        Sending SIGUSR2 to vpnu
        Sending SIGUSR2 to ewcl
        Sending SIGUSR2 to dns
        Sending SIGUSR2 to sunvm.cnu

    コンソール画面上へのログの出力

    • show strace

    を投入することで、コンソール画面上にログが出力されます。

    投入直後は、バッファされていたログが出力され、その後はリアルタイムにログが出力されます。

    SSH クライアントのロギング機能によって、出力されるログを保存して下さい。

    また、ログの取得については、IP Phone の Web UI から取得することも可能ですが、手順については、

    を参考にして下さい。

    001D452DXXXX> show strace
    /usr/local/trace/log.propertiesSuccessfully executed the command.
    001D452DXXXX> strace: PID = 9, ver A
    |== Syslogd TNP== Wed Jun 25 12:14:58 2014
    ====================================================
    1885: DBG 12:14:59.318589 JVM:  -NIO | Enter NIOGetEvent
    1886: DBG 12:14:59.532047 JVM:  -NIO | Enter NIOGetEvent
    1887: INF 12:14:59.755334 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.go4.f:? - ComponentView performAction: processing 200006
    1888: INF 12:14:59.756768 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.comp.ae:? - ComponentController performAction: processing 20000c
    1889: DBG 12:14:59.758114 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.comp.ae:? - Adding child EDITMENU-9 to parent EDITMENU-3
    1890: INF 12:14:59.759454 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.go4.f:? - ComponentView performAction: processing 200013
    1891: INF 12:14:59.761518 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.setg.ck:? - ComponentModel performAction: processing 200013
    1892: DBG 12:14:59.762908 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.comp.ae:? - Notifying parent model with controller name EDITMENU-3  event 200003
    1893: DBG 12:14:59.764302 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.comp.ae:? - Notifying model of controller with name EDITMENU-3  event 200003
    1894: INF 12:14:59.765646 JVM: TIMER MANAGER THREAD|cip.setg.ck:? - ComponentModel performAction: processing 200003

     

    関連情報

     

    340
    閲覧回数
    0
    いいね!
    0
    コメント