シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CDR生データの日時を ”2001/3/14 1:30PM” のような読みやすい形式に変換する方法

CUCMからダウンロードしたCDRの生データの” dateTimeOrigination”というフィールドに記載されている日時を ”2001/3/14 1:30PM”

のような読みやすい形式に変換する方法を紹介します。

 

CUCMからダウンロードしたCDRファイルをExcelで開くと、下記のような画面が表示されます。

 

 

 

” dateTimeOrigination”に表示されている時間は、UNIX 時間というフォーマットの時間なので、読みやすい形式に変更するために

下記を実施してください。

 

今回の例では、UNIX 時間フォーマットの値がE列にありますので、Fの列にJSTの時間フォーマットが表示されるようにします。

それには、新列を挿入して、F2に “= (E2 +32400)/86400 + 25569”を入力します。

E2 =CDRの生データの日付があるセル

32400 = 9時間を秒数で表したもの

86400 = 1年当たりの秒数

F2で右クリックして”Format Cell”をクリックする。使用目的によって、日付また時間 のフォーマットを選べます。今回は例では、

”Date”のカテゴリを選んで、”2001/3/14 1:30PM”というフォーマットを選ぶと、下記の通りになります。

 

 

CDR については、下記の URL もご参照ください。

 

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-13842

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/voicesw/ps556/products_tech_note09186a00801d71c5.shtml

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
1439
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント