キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco IP Communicator のログ取得手順

このドキュメントでは、Cisco IP Communicator (CIPC) のログを取得する手順について説明します。

CIPC がインストールされている PC 上で取得します。

手順の概要

1. ログレベルの設定

2. 過去に出力されたログファイルの削除

3. ログを取得する内容の操作を実施

4. ログの取得

手順の詳細

1. ログレベルの設定

1-1. CIPC の画面上で右クリックメニューを表示させ 『設定』 を選択

1-2. ユーザタブの 『ロギングを有効にする』 にチェックし、『OK』 をクリック

21.png

2. 過去に出力されたログファイルの削除

ログを調査する際に、簡単に調査ポイントを探せるよう、事前に、不要な古いログファイルを削除しておきます。

2-1. CIPC を終了

2-2. 以下のディレクトリ内のログファイルを削除

  • Windows XP

C:\Documents and Settings\username\Local Settings\Application Data\Cisco\Communicator

  • Windows Vista

C:\Users\username\AppData\Local\Cisco\Communicator

  • Windows 7

C:\Users\username\AppData\Local\Cisco\Communicator

(*) Windows 7 の場合の例) 全てのファイルを削除して下さい。

20.png

3. ログを取得する内容の操作を実施

CIPC を起動し、調査対象の操作を実行してください。

4. ログの取得

4-1. Windows のスタートアップメニュー > Cisco IP Communicator > CIPCエラーレポートの作成 から Cisco Unified エラーレポートツール を起動

22.png

4-2. 『次へ』 をクリック

23.png

4-3. 特記事項があれば記載し 『次へ』 をクリック

24.png

4-4. エラーレポートの作成が自動で開始

25.png

4-5. デスクトップ上に CIPC-ProblemReportX.zip ファイルが生成

26.png

その他

- 音声やビデオに関連する問題の際には、Wireshark などによるネットワークキャプチャログも取得して下さい。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-24-2013 02:15 PM
更新者:
 
ラベル(1)