シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco TelePresenceManagement Suiteのログレベル変更方法(バージョン14.3以降)

 

 

 

はじめに

 このドキュメントでは、Cisco TelePresenceManagement Suite(以下TMS) バージョン14.3から可能となった各種TMSプロセスのログレベルの変更方法を説明します。

 

TMSのログ取得方法は下記のドキュメントを参照ください。

TMS/TMSPEのログ取得方法

このページの元情報は、Cisco TelePresence Management Suite Administrator Guide (14.3)のTroubleshootingの章にある「Using the logs」の項です。すべてのログファイルの説明および、デフォルトのログレベルについてはそちらを参照ください。

14.3以降のその他のバージョンのAdministrator Guideは以下のリンクから参照可能です。

Maintain and Operate Guides

 

設定

TMSの各サービスのログ出力レベルを以下の4つに変更することが可能です。

  • OFF: ログ出力無効
  • WARN: warning と errorのみ出力 
  • INFO: WARNに加えて、クリティカルではないレベルのログを出力 
  • DEBUG: サポートから指示があった時のみ実施。トラブルシューティングが終わったら元に戻すべきレベル。

 

ログレベルの変更:

  1. 上記表の参照して各サービスの設定ファイルのバックアップを取っておきます。どのサービスがどの設定ファイルで変更可能かは、Cisco TelePresence Management Suite Administrator Guide「Using the logs」の表(p.318)を参照します。
  2. 設定ファイルをテキストエディタで開きます。
  3. <log4net> のなかの<root>属性の<level>属性を<level value=“DEBUG”/>に変更します。

tmsloglevel1

反映させるためにそのサービスを再起動します。IISに関するログレベルの変更は、再起動不要です。IIS設定ファイルの変更後すぐに反映します。

必要以上にログファイルが肥大することを避けるため、DEBUGレベルは、ログの取得が終了したら、元のレベルに戻します。

 

確認

再起動したサービスのログファイルを開いて、DEBUGでサービスが起動していることや、ログ中にDEBUGの出力があることを確認します。

 

関連情報

注:上記リンクへのアクセスには、CCOログインが必要です。

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-31-2017 01:05 AM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: