キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Unified CMの管理ページで、特定の設定のみ追加/変更可能なユーザの作成方法

 

 

はじめに

Unified Communications Manager(Unified CM)の管理ページで、特定の設定のみ編集可能なカスタマイズユーザの作成方法を説明します。

 

Unified CM の管理ページおよびその他のアプリケーションから利用可能なリソースがいくつかの権限にグループ化されます。

特定の設定のみ変更可能なユーザを作成するために、カスタム権限を追加する必要があります。権限にはリソースのグループが含まれており、それらの各リソースには特権が割り当てられています。権限に設定されている特権によって、ユーザがいずれのページにアクセスできるか、または、あるページでいずれの設定を追加/更新が可能か決定されます。

特権によって、Unified CM の管理ページにおける次のアクセス権が指定可能です。

 

読み取り:該当ウィンドウにおけるデータの表示を許可します。

更新  :該当ウィンドウにおけるデータの表示および変更を許可します。更新特権を持つユーザは、挿入、削除、更新、リセットなどの操作を実行できます。

 

特権、権限とアクセスコントロールグループの関係は下記の図の通りです。

 

pict4

 

 

 

設定例

 

設定手順は、下記のようになります。

 

新しいカスタマイズ権限の作成

1)   Unified CMの管理ページにログイン

2)   ユーザ管理>ユーザ設定>権限

3)   新規追加をクリック

4)   各ページに対して、ユーザの特権を設定

 

    

1

   

アクセスコントロールグループの作成

5)   ユーザ管理>ユーザ設定>アクセスコントロールグループ に移動

6) 新規追加をクリックして、名前を入力

7)   関連リンクから、アクセスコントロールグループに権限を割り当てをクリック

   

 

2

      

8)   表示される画面で、上記で設定した権限を選択して、追加

 

ユーザの作成

9)   ユーザ管理>アプリケーションユーザ

10)  新規追加をクリックして、名前とパスワードを設定

11)  アクセスコントロールグループに追加 ボタンをクリック

12)  上記の6)で作成したアクセスコントロールグループにチェックを入れて、選択項目の追加をクリック

       

 

3

     

13)  ユーザ設定ページで保存をクリック

 

 

参考情報

Cisco Unified Communications Manager システム ガイド、リリース 10.0(1)

 

 

 

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎09-01-2017 07:37 PM
 
ラベル(1)
タグ(1)