キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Unified Communications ManagerにおけるIP Phoneファームウェア変更方法

このドキュメントでは、Cisco Unified Communications Manager (Unified CM)におけるIP Phoneファームウェア変更方法について説明します。

実施手順の概要は次の通りです。

 

ファームウェアアップグレード手順の概要 (参照するページ)
  1. ファームウェアの入手 (cisco.com上のダウンロードページ)

  2. ファームウェアのUnified CMへのアップロード (Cisco Unified Operating System Administration)
  3. ファームウェアの電話機への適用設定 (Cisco Unified CM Administration)
  4. TFTPサービスのRestart (Cisco Unified Serviceability)
  5. 電話機のRestart (Cisco Unified CM Administration)

 

実施には別途SFTPサーバあるいはFTPサーバが必要ですので、用意してください。

 

1. ファームウェアの入手

cisco.com上のダウンロードページから、アップグレードするファームウェアをダウンロードします。

通常はSigned COPファイル(拡張子がsgn.copのもの)を使用します。

この例ではCisco Unified IP Phone 6921において、ファームウェア9.3(3)SR1へのアップロードを行います。

ダウンロード後、SFTPサーバ(あるいはFTPサーバ)のディレクトリ配下にファイルを置いてください。

ダウンロードページ:

http://software.cisco.com/download/navigator.html?mdfid=282414118&i=rm

 

20131023190715.jpg

 

2. ファームウェアのUnified CMへのアップロード

ファームウェアのインストール前に、

Cisco Unified CM Administrationにおいて、

上部メニューのDevice -> Device Setting -> Device Defaultsを選択し、

該当電話機のアップグレード前のバージョンをメモしておくことを推奨します。

 

ダウンロードしたファームウェアファイルをUnified CM上へSFTPサーバ(あるいはFTPサーバ)を用いてアップロードします。

まず、WebブラウザからUnified CMのIPアドレスにアクセスし、右上のNavigationプルダウンメニューから

Cisco Unified Operating System Administrationにアクセス、ログインします。

上部メニューのSoftware Upgrade -> Install/Upgradeを選択します。

SFTPサーバ(あるいはFTPサーバ)の情報を入力し、Nextを選択します

この例では、SFTPサーバとして192.168.0.2のアドレスを指定しており、

SFTPサーバのユーザ名はadmin, アップロードするファームウェアファイルはディレクトリ"/"直下に置いてあります。

20131023191359.jpg

 

Options/UpgradesのプルダウンメニューからSFTPサーバのディレクトリ上のファイル一覧が表示されるので、

アップグレードしたいファームウェアのファイルを選択し、Nextを選択します。

インストールするファイルの確認画面の後、アップロードおよびインストールが開始します。

インストールは通常1,2分程度で完了します。

この例では、先ほどcisco.com上からダウンロードした6921用のファームウェア9.3(3)SR1をインストールします。

20131023191505.jpg

 

インストール後、右上のNavigationプルダウンメニューから

Cisco Unified CM Administrationにアクセス、ログインします。

 

3. ファームウェアの電話機への適用設定
ファームウェアアップグレードを同じ型番の電話機すべてに適用する方法

Device Defaultsの設定

Cisco Unified CM Administrationにおいて、

上部メニューのDevice -> Device Setting -> Device Defaultsを選択します。

20131023201427.jpg

 

ファームウェアアップグレードを行う型番のLoad Informationの欄に、先ほどインストールしたファームウェア名が記載されていることを確認します。

この例では、CP-6921(SCCP)において、先ほどインストールしたSCCP69xx.9-3-3-2-SR1が指定されています。

20131023201452.jpg

ファームウェアアップグレードを特定の電話機1台のみに適用する方法

上記手順のDevice Defaultsの設定を、アップグレード前のファームウェアバージョンに戻し、Saveします。

次に以下の手順を行います。

上部メニューのDevice -> Phone -> Findボタン -> アップグレードする電話機を選択します。

Phone Load Nameの欄にアップグレードするファームウェア名を指定して、設定をSaveします。

20131023202610.jpg

 

4. TFTPサービスのRestart

右上のNavigationプルダウンメニューから

Cisco Unified Serviceabilityにアクセス、ログインします。

上部メニューのTools -> Control Center - Feature Serviceを選択します。

20131023201541.jpg

 

Select ServerのプルダウンメニューからTFTPサービスが動作しているサーバを選択します。

その後、Cisco Tftpのチェックボックスを選択し、上部のRestartボタンからTFTPサービスのリスタートを行います。

20131023201606.jpg

 

5. 電話機のRestart

右上のNavigationプルダウンメニューから

再度Cisco Unified CM Administrationにアクセス、ログインします。

上部メニューのDevice -> Phone -> Findボタン -> アップグレードする電話機を選択します。

上部のResetボタンを選択し、別ウィンドウ内のRestartを選択して、電話機をRestartさせます。

また、一度に複数台の電話機にRestartをかける場合、上部メニューのDevice -> Phone -> Findボタンで表示される電話機一覧画面から、

リセットしたい電話機の左側のチェックボックスをチェックし、上部のReset Selectedを選択し、Restartをかけます。

この例では、Restart前では、ファームウェアのバージョンがアップグレード前のSCCP69xx.9-3-3-2であることが確認できます。

20131023201749.jpg

 

電話機のRestart後、ファームウェアのバージョンがアップグレード後のSCCP69xx.9-3-3-2-SR1であることが確認できます。

20131023202114.jpg

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2014 09:47 PM
更新者:
 
ラベル(1)