シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Unity Connection の診断トレースの取得方法

Cisco Unity Connection (CUC)のトラブルシューティングにおいて、Cisco TAC への Service Request による問合せが必要となった場合に、あらかじめ取得頂くと調査がスムーズに進むログと情報について紹介します。

本ドキュメントでは、バージョン 9.1 を例に記載しますが、他のバージョンについても同様です。

    1. 概要
CUC では、診断トレース (Diagnostic Traces) と呼ばれるログを取得します。

事前に、調査対象の問題に応じた項目のトレースレベルを設定し、
問題を再現させ、
Real-Time Monitoring Tool (RTMT) 経由でトレースを収集します。


    2. マイクロトレース (Micro Trace) とマクロトレース (Macro Traces)

診断トレースのレベルは、CUC Serviceability の GUI から、マイクロトレースとマクロトレースという2つの方法で設定可能です。

00.png

マイクロトレースCisco Unity Connection の特定のコンポーネント毎に細かくレベルを設定可能
マクロトレース問題の種類を選択することで、関連する複数のコンポーネントに適したレベルを一括で設定可能

    マイクロトレースの設定画面

01Micro.png

   マイクロトレースの Arbiter の設定画面

02MicroArbiter.png

   マクロトレースの設定画面

03Macro.png

たとえば、マクロトレースの Call Flow Diagnostics > Conversation Flow Diagnostics を設定すると、

マイクロトレースの CDE(10) と MiuGeneral(14) が有効になります。

04MacroCallFlow02.png

2つのトレースを組み合わせて設定することも可能です。

(注1) クラスタ構成の場合は、Publisher と Subscriber それぞれに設定する必要があります。

(注2) マイクロトレースとマクロトレースを組み合わせて設定する場合、マクロトレースを設定した後に、マイクロトレースを設定して下さい。
マクロトレースを設定すると、以前に個別で設定したマイクロトレースのレベルは全て無効(デフォルト)となります。

CUC の CLI で、show cuc trace levels コマンドを投入することで、設定されているマイクロトレースの内容を確認することができます。

以下はデフォルト設定時の出力結果の抜粋です。

admin:show cuc trace levels

Trace Name                 Levels
-------------------------  --------------
Arbiter                         -
AudioStore                 0
AxlAccess                   -
BulkAdministrationTool     0
CCL                            10,11
CDE                           3,14
CDL                           11,13,15,17
CML                          11,13,15,17,19
CUCESync                2,10,11
CiscoPCA                  0,6
Common                    -
ConfigData                10
ConvRoutingRules     -
ConvSub                    -

   3. 問題の分野別に役立つトレースレベル
調査対象の問題に応じたトレースレベルについては、
Troubleshooting Guide for Cisco Unity Connection Release 9.x の Diagnostic Traces in Cisco Unity Connection 9.x
   - Cisco Unity Connection Serviceability Micro Traces for Selected Problems
   - Cisco Unity Connection Serviceability Macro Traces for Selected Problems
のテーブルを参考にして下さい。

たとえば、メッセージ受信インジケータ(MWI; Message Waiting Indicator)に関する問題をログから調査する際には、以下のトレースログが役に立ちます。
MWI の問題とは、新規 Voice Message を受信したにもかかわらず、MWI が点灯しないなどの問題が発生する場合があります。

上記ドキュメントの Cisco Unity Connection Serviceability Macro Traces for Selected Problems のテーブルの抜粋です。

07CCO.png

07CCOMWI.png

08CCOCall.png

<マクロトレース>

  - Traces for MWI problems (SCCP or SIP)              <<< MWI に関する問題

  - Call Control (Miu) Traces (SCCP or SIP)              <<< Call control (コール制御) に関する問題

  - Call Flow Diagnostics                                            <<< Call flow (通話フロー) に関する問題

   (*) SCCP か SIP は CUCM との連携に使用しているプロトコルを選択

08Macro.png

<マイクロトレース>
  - 設定は不要


    4. 問題の再現
トレースレベルを設定した後に、調査対象の問題を再現させて下さい。

再現状況の詳細として、以下の情報も収集・メモしておいて下さい。
   - 使用している機器の詳細バージョン
   - 発生した問題の詳細 (たとえば表示されたエラーの内容やその写真など) とタイムスタンプ
   - 再現手順の詳細ステップとそれぞれのタイムスタンプ
     コールに関連する場合は、発信者の番号、コールした番号、Voice Mail Port 及び、MWI のオン/オフの番号など

    5. トレースの収集
Real-Time Monitoring Tool (RTMT) の Trace & Log Central メニューの Collect Files にて、必要な項目に
チェックをいれて収集して下さい。

設定したトレースレベル毎に収集すべき項目名も、上記ドキュメントのテーブルに記載されています。

たとえば、MWI の問題用に設定した以下の3項目の場合、
  - Traces for MWI problems (SCCP or SIP)            
  - Call Control (Miu) Traces (SCCP or SIP)   
  - Call Flow Diagnostics                     
収集する項目は、以下の 2つとなります。
  - Connection Conversation Manager (ログファイル名 : diag_CuCsMgr_*.uc)
  - Connection Notifier             (ログファイル名 : diag_CuNotifier_*.uc)

これら項目にチェックをいれて Next をクリックして下さい。

09RTMT.png

以下の画面で、試験を行った時刻を含むように Collection Time を設定して、Finish を押下すると取得できます。

10RTMT.png

ログの収集完了後、設定したトレースレベルを初期値に戻して下さい。

戻す方法は、マクロトレースの設定画面にある Reset to Default ボタンを押下して保存します。

11Defalutに.png

   6. その他

Cisco Unified Communications Manager (CUCM) との連携による問題の調査の際には、CUCM の CallManager トレースも併せて収集頂くと役に立ちます。

CUCMのトレースログを収集する方法

発生した問題によっては、TAC でのログ調査の後に、より詳細なマイクロトレースのレベル設定を追加依頼する場合があります。

   参考ドキュメント

<日本語>

Cisco Unity Connection トラブルシューティング ガイド リリース 9.x の Cisco Unity Connection 9.x の診断トレース

<英語>

Troubleshooting Guide for Cisco Unity Connection Release 9.x の Diagnostic Traces in Cisco Unity Connection 9.x

378
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント