シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CiscoJTAPIおよびCiscoTSPのログの収集方法について

このドキュメントでは、CTIアプリケーションの問題解決やトラブルシューティングを行うにあたり、
必要となるCiscoJTAPIおよび CiscoTSPのログの収集方法について手順を説明します。

CTIアプリケーションの問題解決やトラブルシューティングを行うためには、
CiscoJTAPIやCiscoTSPログは事前に以下のトレースレベルに設定してください。

JTAPI(Windows版)のログ設定について

1. クライアントがインストールされているPCにログイン

2. 以下よりJTAPI Preferencesを選択
スタート > すべてのプログラム > Cisco JTAPI Client >  Cisco JTAPI Preferences

3. JTAPI Tracingタブにて以下のTrace LevelsとDebug Levelsの設定を行う。

jtapi.jpg

4. ログの出力については、Log Destinationタブにて設定可能です。

なお、全てデフォルトでインストールした場合は、以下の場所に出力されます。
C:\Program Files\JTAPITools

jtapi2.jpg


TAPI(Windows版)のログ設定について

1. クライアントがインストールされているPCにログイン

2. 以下よりJTAPI Preferencesを選択
スタート > すべてのプログラム > Cisco TSP >  Cisco TSP Configuration

3. Traceタブにて以下の設定を行う。

tapi.jpg

4. ログの出力については、同じタブのDirectoryにて設定可能です。

なお、CiscoJTAPIやCiscoTSPログを解析するためには、
Unified CM側でCTIManagerおよびCallManagerサービスのログを取得する必要があります。

CTIManagerサービスのログ設定について

1. Unified Serviceabilityにてログイン

2. 以下の画面にてトレースレベルの設定を行う。
Trace > Configuration

ctimanager.jpg

CallManagerサービスのログ設定について

1. Unified Serviceabilityにてログイン

2. 以下の画面にてトレースレベルの設定を行う。
Trace > Configuration

callmanager.jpg

CTIManagerサービスとCallManagerサービスのログ取得について

RTMTもしくはCLIより取得してください。

参考)
CUCMのトレースログを収集する方法
https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-32424
Unified CMでのトレースログ取得
https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-29283

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-09-2013 02:30 PM
更新者:
 
ラベル(1)