キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CMS - パケットキャプチャの取得方法

[toc:faq]

 

概要

本ドキュメントでは、CMS (Cisco Meeting Server) でパケットキャプチャを取得する方法を記載します。CMS のパケットキャプチャは MMP (Mainboard Management Processor) と呼ばれるコマンドラインインタフェース (CLI) で実行します。

キャプチャファイルのサイズは 100MB までとなります。

  

パケットキャプチャの取得方法

SSH で CMS にログインし、MMP の pcap コマンドを用いてパケットキャプチャを取得します。

cms> pcap ?
Capture packets from network interface

Usage:
    pcap <interface>

  

インタフェースの確認

まず、callbridge がどのインタフェースで待ち受けているか、callbridge コマンドで確認します。下記の例ではインタフェース a で待ち受けています。

cms> callbridge
Listening interfaces  : a
Preferred interface   : none
Key file              : callbridge.key
Certificate file      : callbridge.crt
Address               : none
CA Bundle file        : ca.crt

 

パケットキャプチャの開始

pcap <interface> コマンドでキャプチャを開始します。その後、問題を再現させます。

cms> pcap a
Packet capture running: press Ctrl-C to stop

 

パケットキャプチャの終了

Ctrl-C を押してキャプチャを終了させます。キャプチャファイルが生成されます。下記の例では admin-a-20170109-122834.pcap というファイルが出力されています。

cms> pcap a
Packet capture running: press Ctrl-C to stop
^CTransferring packet capture: please wait...
Packet capture available in admin-a-20170109-122834.pcap
Captured 721 packets, 55912 bytes
cms>

 

パケットキャプチャの収集

WinSCP を使って CMS にアクセスし、生成されたキャプチャファイルを収集します。

 

関連情報

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-23-2017 06:24 PM
更新者:
 
ラベル(1)