キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CMS(Acano Server)のMMP(CLI)で取得する基本情報

 

 

はじめに

 

このドキュメントでは、Cisco Meeting Server(CMS, ex.Acano Server)のMainboard Management Processor(MMP)と呼ばれるコマンドラインインタフェースを用いてCMSの基本的な情報を取得する例を紹介します

 

MMPへのアクセス

 

CMSにSSHまたはコンソールケーブル(アプライアンスサーバのみ)で接続し、admin権限を持つユーザでログインします。

ここではPC(192.168.10.1)からCMS(192.168.1.1)にユーザ「admin」でログインする例を示します。

yyoshina$ ssh admin@192.168.1.1
Please enter password: (adminユーザのパスワードを入力し、Enter)
Failed logins since last successful login 0
Last login 2016-Aug-02 08:22:25 using SSH remote host 192.168.10.1
acano-server-01>

 

MMPの詳細については、MMP Command Referenceに記載しています。

MMP Command Line Reference R1.9
https://www.acano.com/publications/2016/06/Acano-solution-MMP-Command-Reference-R1.9.pdf

 

取得する情報

システム情報

ソフトウェアバージョン

コマンド「version」で実行しているソフトウェアのバージョンが表示されます。

下記はバージョン 2.0RC2 での実行例です。

 

acano-server-01>version
2.0(RC2)

 

ハードウェア種別

コマンド「model」でハードウェア種別が表示されます。

下記は仮想マシン環境での実行例です。

acano-server-01>model
Cisco Meeting Server VM

 

ライセンス

コマンド「licence」でCMSに適用されているライセンスの一覧が表示されます。

下記は2016年12月30日まで有効な「callbridge」「branding」「recording」ライセンスが適用されている場合の実行例です。

acano-server-01>license
Feature: callbridge status: Activated expiry: 2016-Dec-30 (150 days remain)
Feature: branding status: Activated expiry: 2016-Dec-30 (150 days remain)
Feature: recording status: Activated expiry: 2016-Dec-30 (150 days remain)

 

稼働時間

コマンド「uptime」でサーバの稼働時間が表示されます。

下記実行例では、前回電源Onから4日19時間11分22秒稼働していることがわかります。

acano-server-01>uptime
Up 4 days, 19 hours, 11 minutes and 22 seconds

 

ネットワーク情報

ネットワークインタフェース

コマンド「iface (admin|a|b|c|d)」でネットワークインタフェース情報が表示されます。

CMSにはネットワークインタフェースが4ヶ(AからD)あるいは5ヶ(アプライアンスサーバにはadminインタフェースがあります)あり、デフォルトではaが有効となっています。

下記実行例では、インタフェースAの情報を表示しています。

MACアドレスや、速度(10000Mbps)、全二重(Duplex: full)、MTU(1500)などを確認することができます。

acano-server-01>iface a
Mac address 00:50:56:ab:cd:ef
Configured values:
Auto-negotiation: default
Speed: default
Duplex: default
MTU: 1500
Observed values:
Speed: 10000
Duplex: full

 

IPアドレス

コマンド「ipv4 (admin|a|b|c|d)」「ipv6 (admin|a|b|c|d)」でIPアドレス情報が表示されます。

ネットワークインタフェース(admin, A-D)については「iface」コマンドと同様です。

下記実行例では、インタフェースAの情報を表示しています。

IPアドレス(192.168.1.1)や、デフォルトゲートウェイ(192.168.1.254)、サブネットマスク(prefixlen 24: 255.255.255.0)などを確認することができます。

acano-server-01>ipv4 a
IPv4 configuration:
address 192.168.1.1
default true
dhcp false
enabled true
gateway 192.168.1.254
macaddress 00:50:56:ab:cd:ef
prefixlen 24
IPv4 observed values
Addresses:
10.48.47.206/23
Routes:
source destination gateway global
0.0.0.0 192.168.1.1 0.0.0.0 false
0.0.0.0 192.168.1.255 0.0.0.0 false
0.0.0.0 0.0.0.0 192.168.1.254 true

 

システム名に関する情報

ホスト名

コマンド「hostname」でホスト名が表示されます。

下記実行例では、ホスト名がacano-server-01であることがわかります。

acano-server-01>hostname
acano-server-01

 

DNS

コマンド「dns」でDNS設定内容が表示されます。

下記実行例では、全てのドメイン(".")に適用される前方参照ゾーン(forward zones)の名前解決を行うDNSサーバ(192.168.100.1)が設定されていることがわかります。

acano-server-01>dns
VM DNS Configuration
{
"status": "running",
"forward zones": [
{
"domain name": ".",
"server ip": "192.168.100.1"
}
]
}

 

時刻情報

現在の日付と時刻

コマンド「date」で現在の日時が表示されます。

acano-server-01>date
System time: Tue Aug 2 09:18:43 2016

Local time: Tue Aug 2 09:18:43 2016

 

タイムゾーン

コマンド「timezone」でCMSに設定されているタイムゾーンを確認できます。

acano-server-01>timezone
Etc/UTC

 

NTPサーバ

コマンド「ntp server list」でCMSに設定されているNTPサーバの一覧を表示します。

下記は、NTPサーバ(192.168.200.1)が設定されている場合の実行例です。

acano-server-01>ntp server list
192.168.200.1

コマンド「ntp status」でNTPサーバとの時刻同期の状態を確認できます。

下記実行例では*が表示されている行のNTPサーバ(192.168.200.200)と時刻同期していることを示しています。

出力内容は「ntpq」に準じていますので、詳細は http://doc.ntp.org/4.2.4/ntpq.html などでご確認ください。

acano-server-01>ntp status
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
*192.168.200.200 172.18.108.15 2 u 636 1024 377 1.144 0.447 4.065
LOCAL(0) .LOCL. 10 l - 64 0 0.000 0.000 0.000

 

その他

上記に示したもの以外にも必要となりそうな情報がある場合、コマンドを実行し、その出力結果を確認してください。

実行可能なコマンド一覧は「help」で表示されます。

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-29-2017 04:59 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者:
タグ(2)