シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Collaboration Solutions Analyzer ツールによるコールの解析

 

 

ツールの概要

Collaboration Solutions Analyzer は、Expressway SIP Call Analyzer の後継ツールです。Cisco Expressway, Video Communication Server (VCS) および Cisco TelePresence Conductor の診断ログ (Diagnostics Log) を解析し、以下の機能を提供します。

 

Expressway / VCS

  • システム情報 (System Information)
  • SIP メッセージの詳細、コールフロー
  • H.323 メッセージの詳細、コールフロー     *** New!! ***
  • コールにリンクされた RTP ストリーム
  • pcap ファイル内の RTP ストリームの概要
  • MRA ログイン情報(HTTP メッセージ)
  • SIP レジストレーション
  • pcap ファイル内の TCP/UDP ストリーム
  • pcap ファイル内の DNS クエリ

 

Conductor

  • システム情報 (System Information)
  • SIP メッセージの詳細、コールフロー
  • 会議 (API リクエストと関連した SIP コール)
  • pcap ファイル内の TCP/UDP ストリーム
  • pcap ファイル内の DNS クエリ

 

TC/CE Endpoint    *** New!! ***

  • システム情報 (System Information)
  • SIP メッセージの詳細、コールフロー
  • pcap ファイル内の RTP ストリームの概要

 

Collaboration Solutions Analyzer は、以下の問題のトラブルシューティングに役立ちます。

  • MRA コールの問題
  • MRA ログインの問題
  • B2B (Business to Business) コールの問題
  • CMR Cloud/Hybrid コールの問題
  • VCS に登録されたエンドポイントからのコールの問題
  • VCS への登録の問題
  • Conductor を経由した会議の問題

 

ログの取得

Expressway / VCS および Conductor の Diagnostic ログの取得方法を説明します。Diagnostic ログは、Web GUI にログインし、Maintenance > Diagnostics > Diagnostic logging タブを選択した画面から取得できます。詳細な取得方法は「VCS のログ取得方法 (X8.1.x 以降)」を参照してください。MRA のログは trafficserver のデバッグレベルを DEBUG にする必要があります。MRA の場合は、「Cisco Expressway (Expressway-C, Expresway-E) のログ取得手順」を参照してください。Conductor のログ取得は、VCS と同様です。

ツールによる解析のために、問題を再現させ、diagnostic_log_[ホスト名]_YYYY-MM-DD_HH-MM-SS.tar.gz というファイル名を取得してください。

 

ログの読み込み

Collaboration Solutions Analyzer ツー ルのページにアクセスし、「Paste or drop log file here」に取得した diagnostic_log_[ホスト名]_YYYY-MM-DD_HH-MM-SS.tar.gz をドラッグアンドドロップします。ファイルは展開せず、tar.gz 形式のままドラッグアンドドロップします(※ ファイルを展開してからドラッグアンドドロップすると、ログが読み込めないためご注意ください。)。

その後、「Run」をクリックして、ファイルのアップロードと読み込みを行います。

 

 

システム情報

ログをアップロードすると下記のように「System Information」と「Log overview」の 2 つのタブが確認できます。システム情報を確認するために「System Information」タブを開きます。

 

「System Information」タブを開くと、「General Information (一般情報)」、「IP Configuration (IP 設定)」、「MRA (Mobile and Remote Access)」が確認できます。

 

General Information

General Information」では、アラート(出力されている場合)、ホスト名、ドメイン名、バージョン、ノードの種類、インストールされているホストキーの情報、クラスタの情報、証明書の情報などが確認できます。

 

IP Configuration

IP Configuration」では、ノードの IP アドレス、ゲートウェイなどの情報が記載されます。

 

MRA

MRA」は、MRA の設定が行われている場合に表示されます。ドメイン、接続されている Unified CM と IM and Presence、Unified Communications Traversal Zone などの設定とステータスが表示されます。

外部 DNS にドメインの SRV レコードが正しく設定されているかを確認する場合は「VCS Service Checker」が役に立ちます。

 

 

ログの概要 (Log overview)

Log overview タブでは、コール、MRA ログイン、SIP レジストレーション、RTP ストリーム、TCP/UDP ストリームを確認できます。

 

コール (Calls)

Log overview で Calls を選択すると、ログから確認できるコールを表示します。

 

コールの詳細 (Call Details)

表示されたコールをクリックすると、選択したコールの詳細 (Call Details) が表示されます。

  • 発信元 SIP-URI (From)
  • 宛先 SIP-URI (To)
  • 発信時刻 (Time of call)
  • 通話時間 (Duration)
  • 切断時刻 (Time of disconnect)
  • 切断したアドレス (Disconnecting party)
  • 切断理由 (Disconnect reason)
  • 着側 VCS ゾーン (Incoming VCS zone)
  • 発側 VCS ゾーン (Outgoing VCS zone)

 

コールレグ情報 (Call Leg Info)

Call Leg Info をクリックすると、コールレグ情報 (コールの受信元のノードと、コールの発信先のノードとの情報) が表示されます。

 

Call Leg 1Call Leg 2Incoming (コールの受信) と Outgoing (コールの発信) に関するコールレグ情報がそれぞれ表示されます。

 

Linked RTP Streams」 には、このコールに関連する RTP ストリームが表示されます。この RTP ストリームの情報は Diagnostics Log で取得した tcpdump の情報から出力されていますので、該当の Expressway もしくは VCS が RTP を処理しない場合は出力されません。

 

Linked RTP Stream に表示される情報は下記の通りです。

  • 音声、映像、資料共有などのメディア情報 (Media)
  • RTP ストリームの方向 (Direction)
  • 送信元 IP アドレス (Source IP)
  • 送信元ポート (Src. Port)
  • 送信先 IP アドレス (Destination IP)
  • 送信先ポート (Dest. port)
  • 開始時刻 (Start  time)
  • 終了時刻 (End time)
  • ペイロードタイプ (Payload Type)
  • パケット数 (Packets)
  • ロス (Loss)
  • ジッター 平均/最大 (Jitter mean/max)

 

 映像や資料共有が正常に動作しない場合は、以下の事項などを確認してください。

  • 音声、映像が送受信されているか
  • パケットロス (Loss) が発生していないか
  • 表示されているポート (Src. Port, Dest. port) がファイアウォールでブロックされていないか
  • ペイロードタイプ (Payload Type) は正しいか

 

  

シグナリング (Signaling)

Signaling タブを選択すると、SIP のフローが時系列に表示され、SIP リクエストと SIP レスポンスが確認できます。

右側に表示されている Message の各 SIP メッセージをクリックすると、SIP メッセージの内容が確認できます。

SDP (Session Description Protocol) が含まれている SIP メッセージには、音声 (Audio)、映像 (Video)、資料共有 (Contents)、資料共有 (BFCP) を示すアイコンが表示されます。マウスオーバすると、ペイロードタイプ、受信 IP、受信ポート、帯域などが表示されます。

 

 

 

コールシーケンス (Ladder Diagram)

Ladder Diagram をクリックすると、SIP のコールシーケンスが確認できます。

 

コールの問題点 (Issue found)

Issue found をクリックすると、検出したコールの問題点が表示されます。

  

MRA ログイン (MRA Logins)

Log overview で MRA Logins をクリックすると、MRA の ログイン情報が表示されます。時刻、クライアントの IP アドレス、ユーザ名、デバイス名が確認できます。

 

MRA ログインの詳細 (MRA Login Details)

表示されたログイン情報をクリックすると、MRA ログインの詳細 (MRA Login Details) が表示されます。右側のメッセージをクリックすると、HTTP メッセージの内容が表示されます。本出力は、trafficserver のデバッグレベルを DEBUG にする必要があります。

 

SIP レジストレーション (SIP Registrations)

Log overviews で SIP Registrations をクリックすると、SIP のレジストレーション情報が確認できます。

 

レジストレーションの詳細 (Registration Details)

レジストレーション情報を選択すると、レジストレーションの詳細 (Registration Details) が確認できます。

 

RTP ストリーム (RTP Streams)

Log overview で RTP Streams をクリックすると、pcap ファイルに含まれる RTP ストリームのサマリを表示します。

 

TCP/UDP ストリーム (TCP/UDP Streams)

Log overview で TCP/UDP Streams をクリックすると、pcap ファイルに含まれる TCP/UDP ストリームのサマリを表示します。

 

DNS クエリー (DNS Queries)

Log overview で DNS Queries をクリックすると、pcap ファイルに含まれる DNS クエリのサマリを表示します。

 

会議 (Conference)

Conductor の場合、Log overview の Conference をクリックすると、会議情報が表示されます。

 

会議の詳細 (Conference Details)

会議情報をクリックすると、会議の詳細 (Conference Details) が表示されます。会議 ID、会議名、参加者、関連する SIP Call-ID および API の内容が表示されます。

 

 

今後のリリース予定

今後は下記の機能のサポートが予定されています。

  • Unified CM (CUCM)
  • Cisco Meeting Server (CMS)
  • プロダクトを跨いだコール

 

関連情報

 

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-29-2017 06:03 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者:
タグ(1)