シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CP-8821 を用いた WLAN診断 (Site Survey) について

はじめに

 

Wireless IP Phone のソリューションにおいて通話品質の問題が発生した場合、

WLAN 環境の調査を行うことになります。

WLAN 機器(AP/WLC)が、Wireless IP Phone Deployment Guide 準拠して

正しく設定されているか、WLANの電波環境(電波強度、SNR等)の品質が

維持されているかの確認を行います。

電波環境の厳密な調査は、スペアナ等の専用ツールを用いて実施されますが

このドキュメントでは、CP-8821Site Survey (WLAN診断) 機能を用いた

簡易な電波環境の調査方法について説明します

 

1.ネイバーリストの表示

 

CP-8821が現在接続している AP、隣接する AP の情報は、ネイバーリストを表示して

確認できます。

ホーム画面から管理者設定 > 1.ネイバーリストの順に選択すれば、対象SSID

AP リストで表示できます

 

 

Site Survey の実施

 

CP-8821 SiteSurvey 機能を実行すれば、より詳細の電波状況を調査することが

できます。

管理者設定画面から、.診断 > 1.WLANの順選択し Site Survey 機能を

実行します。この際、音声コールの品質に影響がある旨のメッセージが表示されます。

調査したいWLANプロファイルを選び、対象のAPの詳細の診断を行います。

 

 

 

WLAN診断 (Site Survey) の結果の表示

 

Site Survey の結果は、CP-8821の画面に表示されます。

AP/WLCDataRates(基本レート、オプショナルレート)、DTIM期間、UAPSD

プロキシARPAdmission Control (AC:ビデオ、AC:ボイス)等の設定が、

正しく設定されていることを確認します。

音声品質を確保するには、対象のAPに接続した際に電波強度(RSSI)の値が

-67dBm以上になるように設計されている必要があります。

 

 

 

 

また、Site Survey の結果はCP-8821SSHで接続して、取得することが

できます

 

DEBUG> wlancli show site_survey_result

AP Info:

SSID: uctac10, AP Name:APc067.af58.bcd, MAC Address: e8:ed:f3:61:28:7f

Frequency: 5.200Ghz, Current Channel: 40

Last RSSI: -50, Beacon Interval: 102

ieeeCaps: (0x1111) [ESS][PRIV][SPECTRUM][RADIOMEA]

Basic Rates: 12

OptionalRates: 18 24 36 48 54

DTIM Period: 2

Country Code: JP, Environment: Indoor/Outdoor

    Channels [36 - 64] @ 22 dBm

    Channels [100 - 140] @ 20 dBm

Power Constraint: 0dBm, Power Limit: 16dBm

Channel Utilization: 1%, Station Count: 3, Admission Capacity: 23437

caps: [WMM][CAC VO][UAPSD][PRXARP][WPA2][11n]

AC: Best Effort

    Admission Control: No, AISFN: 3, ECWMin: 4, ECWMax: 10, TXOpLimit: 0

AC: Background

    Admission Control: No, AISFN: 7, ECWMin: 4, ECWMax: 10, TXOpLimit: 0

AC: Video

    Admission Control: No, AISFN: 2, ECWMin: 3, ECWMax: 4, TXOpLimit: 94

AC: Voice

    Admission Control: Yes, AISFN: 2, ECWMin: 2, ECWMax: 3, TXOpLimit: 47

CCX Version: 5

 

まとめ

 

CP-8821Site Survey (WLAN診断) 機能を使用すれば、簡易な電波環境の

調査を実施できます。

通話品質を改善するのは、その調査結果をもとに、AP/WLCの設定、配置等を

見直しを行います。

より詳細の調査が必要が必要な場合は、専用ツールを用いて実施することに

なります

 

参考ドキュメント

 

CP-8821 への SSH アクセスについて (WLAN情報の取得)

88
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント