キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CUBE から UPDATE メソッド受信のサポートを外す SIP Profile の設定

 

 

はじめに

本ドキュメントでは、Cisco Unified Border Element (CUBE) から SIP UPDATE メソッド受信のサポートを外し、RFC 3311 (The Session Initiation Protocol (SIP) UPDATE Method) に 準拠した SIP サーバから CUBE に対して SIP UPDATE リクエストを送信しないようにする設定を紹介します。SIP の相互接続性の問題によって、セッション確立後に UPDATE ではなく re-INVITE を使いたい場合などにご利用ください。

 

 

UPDATE メソッドのサポートの判断

SIP ノードが UPDATE メソッドに対応している場合、そのノードが送信する INVITE や 200 OK (INVITE) の Allow ヘッダに UPDATE を含めます。対向の SIP ノードは、Allow ヘッダを確認して、Allow ヘッダを送信したノードが UPDATE をサポートしているかどうかを判断します。

Allow ヘッダに UPDATE が含まれない場合、通信中は UPDATE の代わりに re-INVITE を送信します。

(例)
INVITE sip:2001@192.168.0.1:5060 SIP/2.0
Via: SIP/2.0/UDP 192.168.0.100:5060;branch=z9hG4bK2CAF1F36
From: <sip:2000@192.168.0.1;user=phone>;tag=5BD37510-16D9
To: <sip:2001@192.168.0.1;user=phone>
Call-ID: 6401B6B7-497B11E6-8DAFCBEE-9A3B58C9@ipvoice.jp
Supported: 100rel,timer
User-Agent: Cisco-SIPGateway/IOS-15.3.3.M7
Allow: INVITE, ACK, PRACK, UPDATE, BYE, CANCEL
..

 

 

SIP Profile の設定

SIP の相互接続性の問題などによって、CUBE に対して UPDATE リクエストを送信したくない場合があります。その場合は、CUBE が送信する INVITE や 200 OK の Allow ヘッダから UPDATE の文字列を削除する必要があります。

この設定は SIP Profile を用いることによって実現します。下記の例のように ", UPDATE" の文字列を削除する sip-profiles を設定し、Outgoing ダイアルピアの voice class sip profiles によってアサインします。

voice class sip-profiles 100
 request ANY sip-header Allow-Header modify ", UPDATE" ""
 response ANY sip-header Allow-Header modify ", UPDATE" ""
!
dial-peer voice 10 voip
 description To Unified CM
 destination-pattern 0T
 session protocol sipv2
 session target ipv4:192.168.0.1
 voice-class sip profiles 100
 dtmf-relay rtp-nte
 codec g711ulaw
 no vad
!

 

 

コールフロー

SIP Profile 設定前 (UPDATE)

UPDATE

 

SIP Profile 設定後 (re-INVITE)

re-INVITE

 

SIP Profile テストツール

SIP Profile テストツールを使うと、SIP Profile の設定が正しいかテストすることができます。

 

 

参考情報

 

 

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-29-2017 05:55 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者:
タグ(1)