キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CUCM で show コマンドの出力を一度に表示する方法

Cisco Unified Communications Manager (CUCM), Cisco Unity Connection (CUC), Cisco IM and Presence (IM&P) などで show コマンドを実行した場合に、コマンド出力を1画面毎に停止させずに一度に出力させる方法を紹介します。類似コマンドとして Cisco IOS の terminal length 0 があります。この方法はトラブルシューティング時などにおいて、show コマンドの出力をターミナルソフトのロギング機能で保存する場合に役に立ちます。

 

デフォルトでは下記のように1画面以上の出力がある場合は、"Press <enter> for 1 line, <space> for one page, or <q> to quit"  と表示され、1画面ずつ表示されます。

 

ここで、set cli pagination off コマンドを実行することによって1画面ずつの表示をオフにすることができ、IOS の terminal length 0 コマンドのように一度に出力を行うことができます。

set cli pagination { on | off }

 

また、CUCM のファイルの内容を表示するコマンドに file view コマンドがありますが、set cli pagination off を実行した後に file dump コマンドを使うことによって、ファイルの内容を一度に表示できます。

例:
set cli pagination off
file dump activelog tomcat/logs/catalina.out

 

参考ドキュメント

Command Line Interface Guide for Cisco Unified Communications Solutions, Release 10.5(2)

 

 

 

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-15-2015 05:49 PM
更新者:
 
ラベル(1)