キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CUE で取得すべきデバッグログの一覧

     

    はじめに

    本ドキュメントではCUEのトラブルシューティングに役立つ show コマンドや trace コマンドの一覧および取得方法を紹介します。

     

    CUEのハードウェア型番を確認する

    CUEのハードウェア機種に依存する問題もありますので、ハードウェア型番を確認して SRノートに記載していただければ幸いです。最も簡単な確認方法はルータ側の 'show inventory' や 'show diag' コマンドです。

     

    例1:

    ------------------ show inventory ------------------
    NAME: "CISCO3925-CHASSIS", DESCR: "CISCO3925-CHASSIS"
    PID: CISCO3925-CHASSIS , VID: V01, SN: FHK1423F26A
    NAME: "Cisco Services Performance Engine 100 for Cisco 3900 ISR on Slot 0", DESCR: "Cisco Services Performance Engine 100 for Cisco 3900 ISR"
    PID: C3900-SPE100/K9   , VID: V01 , SN: FOC14221Q5U
    NAME: "VWIC3-2MFT-T1/E1 - 2-Port RJ-48 Multiflex Trunk - T1/E1 on Slot 0 SubSlot 0", DESCR: "VWIC3-2MFT-T1/E1 - 2-Port RJ-48 Multiflex Trunk - T1/E1"
    PID: VWIC3-2MFT-T1/E1 , VID: V01 , SN: FOC15380JT7
    NAME: "PVDM3 DSP DIMM with 128 Channels on Slot 0 SubSlot 4", DESCR: "PVDM3 DSP DIMM with 128 Channels"
    PID: PVDM3-128         , VID: V01 , SN: FOC1416328D
    NAME: "Internal Services Module with Services Ready Engine on Slot 0", DESCR: "Internal Services Module with Services Ready Engine"
    PID: ISM-SRE-300-K9   , VID: V02 , SN: FOC15424GKG

     

    例2:

    rtr1#show diag
    ...
    Slot 1:
    ...
    Integrated Service Engine Port adapter, 1 port
    Port adapter is analyzed
    Port adapter insertion time 00:41:12 ago
    EEPROM contents at hardware discovery:
    Hardware Revision        : 1.0
    Part Number              : 73-10371-04
    Top Assy. Part Number    : 800-35481-01
    Board Revision           : A0
    Deviation Number         : 0
    Fab Version              : 01
    PCB Serial Number        : FOC15214H7Q
    RMA Test History         : 00
    RMA Number               : 0-0-0-0
    RMA History              : 00
    Product (FRU) Number     : NME-CUE
    Version Identifier       : V04
    CLEI Code                : IPUIBEVRTC
    EEPROM format version 4
    EEPROM contents (hex):
      0x00: 04 FF 40 04 F8 41 01 00 82 49 28 83 04 C0 46 03
      0x10: 20 00 8A 99 01 42 41 30 88 00 00 00 00 02 01 C1
      0x20: 8B 46 4F 43 31 35 32 31 34 48 37 51 03 00 81 00
      0x30: 00 00 00 04 00 CB 87 4E 4D 45 2D 43 55 45 89 56
      0x40: 30 34 20 D9 03 40 C1 CB C6 8A 49 50 55 49 42 45
      0x50: 56 52 54 43 FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
      0x60: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
      0x70: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF

     

    CUEの show コマンド

    下記の推奨コマンドで CUEの設定や状態を多く確認できます。

    - show tech  (下記のコマンドが含まれる)
        show call-agent
        show interfaces
        show java version
        show license detail
        show license feature
        show license udi
        show memory
        show processes memory
        show running-config
        show software install history
        show software versions detail
    - show running-config
    - show license detail
    - show call-agent (CME連携かCUCM連携か)
    - show ccn subsystem sip (SIP設定の一覧、DTMFタイプ、MWIタイプなど)
    - show ccn sip subscription mwi (MWIタイプが SIP Sub-Notify の場合)

     

    トレースレベルの変更

    trace コマンドで CUE のトレースレベルを変更できます。よく使われる trace コマンドは下記のとおりです。

    trace ccn stacksip dbug
    trace voicemail all
    trace voicemail mwi all  (MWIの事象)

    他に trace コマンドがありますが、TACの指示によって設定してください
    (参考: CUE トレース

    no trace all ですべてのトレースを OFF にできますが、OFF はデフォルトよりもトレースレベルが低いので、
    デフォルトに戻すことを推奨します。大量のコマンドをコピーペーストする必要があります。
    (参考: CUE Reset Trace Levels

     

    トレースファイルの取得

    CUE のCLI にて show logs というコマンドでハードディスク上に保存されているトレースファイルのリストを確認できます。

    cue>show logs
    dmesg
    syslog.log
    atrace.log
    atrace.log.prev
    klog.log
    messages.log
    messages.log.prev
    root_javacore828.1087272313.txt
    tomcat_javacore1094.1087272313.txt
    workflow_javacore1096.1087272313.txt

    atrace.log* はCUEのアプリケーションログファイルです。trace コマンドでログレベルを変更できるトレースの出力はこちらのファイルに保存されます。しかし、テキスト形式ではないので、Cisco社内のツールでしか中身を読み取れません。

    messages.log* はCUEモジュールに関わる全体的なシステムエラーが記録されるテキスト形式のトレースファイルです。

    ---

    copy コマンドで各トレースファイルを1つずつ FTP サーバにアップロードできます。

    cue>copy log atrace.log url ftp://jdoe:mypass@172.18.106.10/cue/atrace.log

    ---

    通常の調査に必要とされる CUE トレースファイルは atrace.log*messages.log* のみです。

     

    リアルタイムでトレースを取得する方法

    再現できる問題の場合、バッファのトレースをリアルタイムで取得できます。バッファのトレースは atrace.log* の出力と同様です。

    1) 必要な trace レベルを有効
    2) telnet ターミナルで txt ファイルのロギングを有効
    3) show trace buffer tail のコマンドを実施し、画面上にログが流れてくる
    4) 事象発生後、Ctrl + C で show trace buffer tail を停止できます

    5) 必要に応じて、トレースレベルをデフォルトに戻す (CUE Reset Trace Levels

    バージョン履歴
    改訂番号
    2/2
    最終更新:
    ‎08-31-2017 01:11 AM
    更新者:
     
    ラベル(1)
    寄稿者: