シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CWMS アプリケーション監査ログの設定方法とログ保存先について

はじめに

 

このドキュメントでは、Cisco WebEx Meetings Server (CWMS) における アプリケーション監査ログ の設定方法とその保存先について紹介します。

 

前提条件:

  • Cisco WebEx Meetings Server バージョン 2.5 以降

 

 

監査ログ設定方法

CWMS Admin ページから、以下の手順で設定します。

 

1. 設定 > セキュリティを選択します。

cwms_audit1

 

2. アプリケーション監査ログを選択します。

cwms_audit2

 

3. ログ設定 > 監査ログを有効にする にチェックを入れ、出力先のSyslog サーバのIP アドレス・ポート番号を入力しプロトコルを選択します。

cwms_audit3

 

 

監査ログ保存先

CWMS Audit Log では管理ユーザの動作ログを "admin_audit.log"、エンドユーザの動作ログを "end_user_audit.log" として出力します。

監査ログはサーバの内部ストレージに保存されますが、HA構成によって保存先が異なります。

* admin_audit.log: Micro, Small, Medium, Large の全ての構成で、WebAdmin サービスが動いている Admin VM のみで保存されます。

* end_user_audit.log: Micro, Small, Medium の構成では全ての Admin VM に保存され、Large の構成では全ての Web VM で保存され Admin VM には保存されません。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-16-2015 06:08 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)