シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

DRS でよくある質問

 

 

はじめに

Cisco Unified Communication Manager (Unified CM) の Disaster Recovery Service (DRS) に関するよくある質問についてまとめました。公式ドキュメントは基本的に Unified CM 10.x を参照しています。最新の資料については、Cisco.com でご確認ください。

 

 

Q1. DRS でサポートしている SFTP サーバの種類は?

A. サポートしているサーバは以下のものです。

- Open SSH
- Cygwin
- Titan

 
参考: Disaster Recovery System Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager and IM & Presence Service, Release 10.0(1)
 

 
※試験環境などで FreeFTPd を使用されている方もいるかと思いますが、バックアップに失敗する事例が報告されており、サポート対象外ですのでご注意ください。
参考: CUCM/CUC/IM&P で DRS のバックアップ/リストアに失敗する

 

Q2. DRS で使用しているポート番号は?

A. TCP 4040 と TCP 22 です。

Publisher(Pub) - Subscriber(Sub) 間は TCP 4040 で、Pub - SFTP サーバ 間および Sub - SFTP サーバ 間が TCP 22です。

 

参考: TCP and UDP Port Usage Guide for Cisco Unified Communications Manager, Release 10.0(1)

 

 

Q3. リストア後、日本語ロケールや電話機のファームウェアは復元される?

A. Supported features and components に Phone device files (TFTP) と記載されているのでTFTP フォルダのファームウェアのファイルは含まれると思いますが、ロケールは対象外です。各サーバのリストア後に実施する手順の中で、事前に控えたファームウェアロードと一致しているか確認し、COPファイルや、ロケールの再インストールを行う旨記載されています。復元されないものについてはリストア前ではなく、リストア後にインストールしてください。

参考: Complete replacement

補足:デバイスパックも COP ファイルに含まれます。

 

 

Q4. リストア後、既存の電話機は登録できるの?

A. バックアップには CallManager.pem private key が含まれるため、TFTP サーバがバックアップからリストアされれば電話機は登録できます。

参考 : バックアップと復元
 

 

Q5. Publisher のみリストアすればいいの?Subscriber のリストアも必要なの?

A. Pub をリストア後、Sub をインストールすれば、自動的に Pub からデータは同期されるので、Sub 固有の情報(※)を戻す必要がなければ、Sub は再インストールのみでリストアする必要はありません。
 

※ 以下 Sub 固有の情報の例です。
・Sub のサービス起動状態
・TFTP サーバにアップロードしたファイル(MOHファイルやファームウェアなど)
・ユーザ向け機能[例:Call Forward All(CFA)Message Waiting Indication(MWI)など]
 

 

Q6. クラスタ内で特定のサーバだけバックアップがとれないのですが。

A. さまざまな要因が考えられますが、Cisco DRF Master/Local サービスが起動しているにもかかわらず以下のエラーが出る場合は、証明書が切れている可能性があります。

Unable to contact server. Master or Local Agent could be down

まずは Pub の ipsec および ipsec-trust の有効期限が切れていないかご確認ください。切れている場合は、再作成(※)してください。また、バックアップできないノードにアップロードされている Pub の ipsec-trust の有効期限もご確認ください。 切れている場合は、削除し、有効期限のある、Pub の ipsec をダウンロードして ipsec-trust として Sub にアップロードしてください。その後、Pub で Cisco DRF Master と Cisco DRF Local のリスタートを実施し、Sub で Cisco DRF Local のリスタートを実施してください。
 

※  OS Admin > Security > Certificate Management > Find > ipsec
      証明書をクリック
      再作成
 

 

 

Q7. サポート対象の STFP サーバを使っているのに、バックアップデバイスが作成できないのですが。

A. SFTP サーバとのネットワーク接続に問題がなく、ユーザ名、パスワードも正しい場合は不具合に該当しているかもしれません。 こちらの記事を確認してみてください。

DRS でバックアップデバイスが作成できない

 

 

 

 

 

 

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-29-2017 09:46 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者: