シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

G.729の基本情報と参考資料

G.729は、人の声を対象とした音声圧縮アルゴリズムであり、
パケット化されたデジタル音声を10ミリ秒の遅延で圧縮する。
音楽やDTMFトーンは、RFC 2833 で規定されている RTP Payload for DTMF Digits,
Telephony Tones and Telephony Signals を使う場合のみ、このコーデックで確実に転送できる。
しかし 14,400 bit/s の標準のG3ファックスはG.720コーデックでは確実な転送は期待できず、
VoIPでは通常G.711を使う。ネットワーク負荷が高く、パケット喪失が発生した場合、
アナログのファックスは信頼できなくなる。この解決策としてT.38ファックスが提案されている。


G.729 は,音声情報がわずか8kbps であり,かつ
G.723.1 では圧縮されるフレームが30ms であるのに対
し,圧縮されるフレームが10ms であるのでG.723.1 よ
り遅延が少ない.そのため次世代携帯電話(FOMA)な
どに使われはじめ,これからは社内LAN などにも活用
されると考えられる.G.729 やG.723.1 は,
そのビットレートの低さから,IP 網など音声専用では
ない音声以外のデータが大量に流れて混雑する場合や,
限られた帯域を有効活用しなければならない携帯電話や
狭回線帯域幅との接続に採用される.

ITU-T G.729 Annex A
http://www.kyastem.co.jp/technical/ExplanationCodec09.html

G.729とは
http://japan.zdnet.com/glossary/exp/G.729/

G.729 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/G.729

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-31-2010 11:05 PM
更新者:
 
ラベル(1)