キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

H.323ビデオ通信におけるWiresharkでのIフレームの見つけ方

H.323のビデオ会議におけるトラブルシューティングで、しばしばパケットキャプチャの解析を行うことがあります。

ここでは、WiresharkでH.264のRTPパケットの中でも、Iフレームの見つけ方を紹介します。

この例では、MCUとEndPointの間のDuo Video(Content Channel、資料共有)のストリームを例にしています。

パケットキャプチャはDuo Videoを見ている端末で取得したもので、VCSとMCUとのやり取りが含まれています。

この記事では、Wireshark Version 1.8.2で確認しています。

  1. パケットキャプチャのファイルをWireSharkで開きます。
  2. メニューから、Telephony>VoIP Callsに進むと下記パネルが開きます。Wireshark-TelePhony-VoIPCalls.PNG
  3. 確認対象のストリームを選択して、Flowボタンをクリックすると、下記のようなシグナリングのシーケンスを表示してくれます。Wireshark-TelePhony-VoIPCalls-signalingFlow.PNG

  4. 端末に向かうOLC(Open Logical Channel)で、extendedVideoCapabilityのもの(Duo Videoのためのもの、図中赤枠)を見つけてクリックすると、WireSharkのパケットリスト上で該当のパケットに飛びます。Wireshark-TelePhony-VoIPCalls-signalingFlowOLC.PNG
  5. extendedVideoCapabilityのパケットで、Channel Numberが64、H.264を使おうとしていて、MCUのIPアドレス:ポート(192.168.97.6:55269)がメディアコントロールチャネル、ダイナミックペイロード96を指定していることがわかります。Wireshark-OLCextendedVideoCapabilityDetail.PNG
  6. 4のOLCとそれに対するOLC ACKの下に、「RTP(RTPType-96)」が見えます。これがMCUから端末へのDuo Videoのビデオパケットです。
  7. 「RTP(RTPType-96)」をクリックすると、該当のパケットに飛びます。Wireshark-TelePhony-VoIPCalls-signalingFlow-H264PayloadType96.PNG
  8. NAL unit に 「Sequence parameter set (7)」と示されるものが、H.264のIフレームになります。Wireshark-H.264RTP-IframeDetail.PNG

H.264のRTPパケットを、H.264としてデコードさせるには、WireSharkのメニューから、Edit > Preferenceを開き、ProtocolのH.264に対して、Dynamic payload typesに、この例の場合96を入れます。

Wireshark-Edit-Preference-H.264.PNG

Iフレームを探すためのフィルタは、以下のように作成します。

  1. 該当のRTPパケットを選択
  2. Internet ProtocolレイヤーのSource (IPアドレス)を右クリックして、メニューからPrepare a Filter > Selectedを選択
  3. User Datagram protocolレイヤーのSource portを右クリックして、メニューからPrepare a Filter > ... and Selectedを選択
  4. H.264レイヤーのNAL unitを選択して、メニューからPrepare a Filter > ... and Selectedを選択Wireshark-H.264RTP-IframeCreatingFilter.PNG
  5. 最終的に、((ip.src == 192.168.97.6) && (udp.srcport == 55268)) && (h264.nal_unit_hdr == 7)というフィルタができます。

このフィルタで、MCUから端末へのDuo VideoのH.264パケットのうち、Iフレームを絞り込むことができます。Wireshark-H.264RTP-IframeFiltered.PNG

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-24-2013 01:18 AM
更新者:
 
ラベル(1)