キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IP 電話網にVoice GWを接続する際のクロック同期設計について

 

はじめに

 

Cisco IP テレフォニー ソリューションにおいて外線接続用に

IP 電話網を利用するケースえてきまし

接続形態としては大別して、SIPプロトコルによる VoIP 接続、

従来の電話インタフェース (PRIBRIE&MFXS) よる

接続2つがあります

このドキュメントでは、PRIBRI等の電話インタフェースで、

IP 電話網に接続する際の注意点について解説します。

 

 

1.接続インタフェースについて

 

KDDI光ダイレクト、NTTひかり電話オフィスA等の IP 電話網では、

PRIBRIのデジタル電話インタフェースでの接続サービスが

提供されています。

PRIBRIのインタフェース仕様が、NTTINSネット64/1500

同等であれば、Cisco Voice GWはスイッチタイプの設定により

接続することが可能です。

Voice GWは、IP 電話網事業者が設置するVoIPアダプタに

接続されます。

 

2.クロックの同期について

 

PRI、BRI等のデジタル電話インタフェースでは、通話品質を維持

するために、クロック同期に関する設計上の配慮が必要です。

NTTが提供する、INSネット64/1500サービスでは、DSU装置を

経由してVoice GWに接続されます。

DSU装置は、NTTISDN網と直接接続されており、全てのPRI

BRI回線は同一のクロックに同期しています。

 

 

Voice GW (ISR G2) の設定例: 網側クロックに従属同期する場合

network-clock-participate wic 0

network-clock-select 1 T1 0/0/0

network-clock-select 2 T1 0/0/1

!

controller T1 0/0/0

 clock source line

 pri-group timeslots 1-24

!

controller T1 0/0/1

 clock source line

 pri-group timeslots 1-24

 

備考:clock source lineコマンドはデフォルト設定のため表示されません

 

 

3.クロック同期が問題になる構成

 

一方、IP電話網との接続で使用されるVoIPアダプタ装置は、

VoIPIP電話網と接続されており、PRIBRI回線で提供される

クロックは、VoIPアダプタ装置の内部クロックになります。

 

VoIPアダプタ装置が1台構成の場合、Voice GW

VoIPアダプタ装置に従属同期させることで問題なく動作します。

しかし、VoIPアダプタ装置が複数台設置される場合、それぞれの

装置が内部クロックで動作するため、Voice GWは複数の異なる

クロックを受信することになります。

Voice GWPRI、BRIインタフェースは、通常、同一のクロックで

動作しているため、PRI、BRI回線で同期ずれが発生します。

 

 

 

同期ずれの発生は、PRI回線の場合は show controllers t1コマンドで

SLIPエラーとして、BRI回線の場合は “show interface bri”コマンドで

CRCエラーとして表示されます。

 

(SLIPエラー発生時の表示例)

# show controllers t1

          :

T1 0/0/1 is up.

  Applique type is Channelized T1

  Cablelength is long 0db

  No alarms detected.

  alarm-trigger is not set

  Soaking time: 3, Clearance time: 10

  AIS State:Clear  LOS State:Clear  LOF State:Clear

  Version info FPGA Rev: 08121917, FPGA Type: PRK4

  Framing is ESF, Line Code is B8ZS, Clock Source is Line.

  CRC Threshold is 320. Reported from firmware  is 320.

  Data in current interval (847 seconds elapsed):

     0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations

     168 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins

     168 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs

  Total Data (last 1 15 minute intervals):

     0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations,

     182 Slip Secs, 0 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,

     182 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 0 Unavail Secs

#

 

クロック同期ずれが発生すると、音声品質の劣化、FAX通信の失敗等の

問題が発生します。

 

 

4.クロック同期問題への対処方法

 

VoIPアダプタ間でのクロックを同期させる方法がないか、

IP電話の事業者に確認します。

 

IP電話網と PRI 回線で接続する場合は、下図のように

VoiceGW の内部クロックを自走クロックとして、

VoIPアダプタを従属同期させることで、同期ずれの

問題に対処できる場合があります。

 

 

Voice GW (ISR G2) の設定例: 自走クロックにする場合

network-clock-participate wic 0

!

controller T1 0/0/0

clock source internal

 pri-group timeslots 1-24

!

controller T1 0/0/1

 clock source internal

 pri-group timeslots 1-24

 

 

但し、ISDN網側として動作するVoIPアダプタが、ISDN端末側

として動作するVoiceGWに従属同期できるかどうかは、

IP電話網の機器に依存します。

(KDDI光ダイレクトのVoIPアダプタを、VoiceGWに従属同期

 する構成で接続した事例はあります。)

 

BRIインタフェースの場合は、ISDN端末側からISDN網側へ

クロックを提供する動作がサポートされていません。

VoIPアダプタ間でのクロック同期ができない場合、

対応は難しくなります。

 

 

まとめ

 

IP電話網と VoiceGW PRI、BRI 等の電話インタフェースで

接続する場合、クロック同期設計に注意が必要です。

事前に、IP電話網の事業者と相談し、対応策を検討して

システムを構築していただく必要があります。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-21-2016 04:31 PM
更新者:
 
ラベル(1)