シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
cancel

iPhone アプリ (Cisco Jabber 等) を管理する方法について

 

はじめに

 

Cisco Jabber 等の iPhone 用アプリは、Apple 社の App Store からダウンロードして

インストールしますが、App Store からは最新版のアプリしか提供されません。

検証テスト等の目的で、旧バージョンへのダウングレードを行うには、事前にアプリの

バックアップを取得しておく必要があります。

 

ここでは、iTunesを用いたiPhoneアプリのバックアップ方法と旧バージョンへの戻し方を

説明します。

 

1. iTunesを用いたアプリのバックアップ

 

iPhone用のアプリは、Apple ID毎に管理されています。

そのため、iTunesでApp Storeに接続する際は、使用しているiPhoneと

同じApple IDを用いる必要があります。

 

下図は、iTunesに最新版のアプリ(Cisco Jabber)がインストールされている

状態です。

 

 

バックアップしたいアプリを選択し、ドラッグ&ドロップ操作でバックアップ用に

作成した任意のフォルダに対象のアプリをコピーします。

 

下図は、Cisco Jabber 10.6.1 を ”iPhone APP BKP” フォルダにコピーした例です。

同フォルダには以前にコピーした旧バージョン(Cisco Jabber 10.6.0)が存在します。

 

2. 旧バージョンのアプリのインストール

 

まず最初に、iTunes上のアプリをバックアップしてあるアプリに入れ替えます。

バックアップしてある旧バージョンのアプリをダブルクリックします。

 

アプリが旧バージョンになったため、iTunes上、アプリには更新を促すマークが

表示されます。

 

iTunes (PC) に iPhone を USB ケーブルで接続します。

iTunes で対象の iPhone を選び、対象のアプリを削除します。

 

アプリの削除後、iTunes で対象のアプリを選び再びインストールします。

 

3.iPhone上でのアプリのバージョンの確認

 

iPhone上でアプリを起動して、バージョンが変更されていることを確認してください。

下図は、Cisco Jabber 10.6.1 から 10.6.0 へダウングレードした際の表示の例です。

 

 

まとめ

 

iPhone 用のアプリは、最新版のみが App Store から提供されます。

検証テストの実施等で、旧バージョンへのダウングレードが必要になる場合、

事前に iTunes を用いてバックアップを取得してください。

 

但し、Cisco でのサポート対象となるアプリは、基本的に App Store の最新版

のみである点にご留意ください。

370
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント